バルコニー・ベランダリフォームの価格・費用相場

/ 194Views

バルコニー・ベランダリフォームの価格・費用相場

価格の目安約10万円~100万円

約100万円以上で可能なバルコニー・ベランダリフォーム事例

▼駐車場と一体型のバルコニーを設置

参考価格:約100万円~約200万円

カーポート(駐車場)に屋根の役割も備えたバルコニーを設置した場合の想定価格となります。駐車スペースの上の空間を有効活用することで、ゆとりのある生活を手に入れることができます。

構造物の素材はアルミなど比較的低価格で設置できるものもありますが、バルコニー上にサンルーム設置するなど一定の荷重を想定している場合は鉄骨構造、家と調和するデザインにするならウッドデッキ仕様のウッドガレージなど様々なタイプを選ぶこともできます。

また、屋根のある駐車場は「建築物」となり、法規制の対象になりますので、建ぺい率や容積率に余裕がないと、つくることができませんのでご注意を(建築確認申請が必要です)。

建ぺい率や容積率、法規制については、地域や敷地、構造物の形状・構造で異なるため、まずは知識と経験豊富なリフォーム会社と十分に相談するとよいでしょう。

約50万円未満で可能なバルコニー・ベランダリフォーム事例

▼ベランダをウレタン防水

参考価格:約10万円

ベランダの老朽化したカバー素材を撤去、再度防水加工をした場合の例となります。ウレタン防水材は、液状のウレタン樹脂を塗りつけその後に硬化させることで防水 膜がつくられます。

もともとが液状なため複雑な形状の箇所でも簡単かつ確実に施工できるため広く利用されている工法となります。ウレタン防水の寿命は10年~15年ほどと言われていますので、劣化を感じたら水漏れなどで被害が拡大する前に重ね塗りなどにて対処したいところです。

▼バルコニータイルを敷き詰める

参考価格:約20万円

バルコニータイルをベランダに敷き詰めれば、無機質だったベランダの雰囲気がオシャレな空間に様変わりします。バルコニータイルの価格は様々なものがありますが、1平方メートルあたり1万円~2万円が目安といえるでしょう。

施工はプロにお任せしてもよいですが単純な形状のものであればDIYで対応も可能です。ベランダの形状が複雑な場合はプロにおまかせした方がやはりキレイに仕上がるでしょう。

▼バルコニーの雨よけにアルミ製テラスを設置

参考価格:約20万円

バルコニーに屋根があれば急な雨からも洗濯物を守ることができ、室内を有害な紫外線からも守ってくれる効果が期待できます。

テラスの素材や接地面積などにもよりますが、工事費用を含めて10万円~25万円ほどで施工は可能なようです。

▼ベランダをまるごと交換

参考価格:約40万円

老朽化して危険なベランダを取り外して、新しいベランダに交換します。ベランダは屋根置き式と柱建て式があり、屋根置き式は既存屋根にアルミ材をベースとして設置します。

柱建て式は屋根がない場合などに地面から柱を建ててベランダを設置します。テラスと同時に設置すれば快適な屋根つきベランダとなります。

バルコニー・ベランダリフォームのポイント

ベランダ・バルコニーのリフォームの場合は風雨に晒されるためメンテナンス・保守などが大切となってきます。一般的な補修や防水加工などであれば、およそ10万円~20万円前後で対応できます。

またベランダ・バルコニーを新規設置、交換などとなると、その設備のサイズや素材、現場状況にもよりますが50万円~100万円ほどで設置が可能なようです。

ポイントまとめ

ベランダとバルコニーの違い

ベランダとは、住宅など建物の外壁から張り出した部分となり柵や手すりなどで囲まれており、屋根・庇・軒下などがあるものをさします。ちなみに屋根などのない露台をバルコニーといいます。

両者とも一般的には室内とは窓やドアなどで隔てられており戸外に設置されています。ベダンダ・バルコニーの主要な利用用途としては洗濯物や布団を干すだけの場所となっていることが多いようですがリフォームにより緑が溢れる空間にしたり日当たりと風が気持ちのよい空間にすることもできます。

メンテナンスが重要

家の外観部分となるベランダ・バルコニーは、錆びていたり汚れていると家全体が古ぼけた印象となってしまいます。美しさを保つためにも定期的なメンテナンスを心がけることが大切となります。

特にバルコニー本体や手すりが劣化していると落下の危険性もありますので、錆びている場合は早めに補修や交換をするようにしましょう。

外壁や屋根などとバランス取る

ベランダ・バルコニーは住まいの外観部分となりますので色の選択はしっかりしたいところ、サッシの色などと合わせて色を選ぶと間違いはないでしょう。

また、サイズに関しては可能な限り大きい物にしたほうが使い勝手が向上します。ただしサイズが大きくなれば価格としては高くつきますのでご利用のシーンに合わせてバランスを取るとよいでしょう。

また、テラスの屋根材は耐久性の高いポリカーボネート製が長持ちで見た目も美しいためオススメです。

マンションのベランダリフォームは注意!

マンションのベランダは共用部となるため通常は自由にリフォームできません。しかしタイルを敷き詰めるなど施工内容は限られてきますが、条件によって可能な場合もありますのでマンション管理規約を確認のうえ、リフォームを検討しましょう。

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事