お風呂・浴室リフォームの価格・費用相場

/ 174Views

お風呂・浴室リフォームの価格・費用相場

お風呂・浴室のリフォームでやはり気になるのは大掛かりになりがちな費用。
お風呂・浴室の種類やリフォーム会社によっても費用は大きく変わってきます。
ここでは予算別にできる事例を交えながらリフォーム費用を徹底解析します。

浴室・お風呂のリフォーム事例と価格の内訳

リフォーム費用/価格100万円~200万円の参考例

①中古で購入した戸建て住宅を家族の理想とする浴室へリフォーム
参考価格:1,992,000円

価格/費用の内訳
浴槽代金:1,038,000円
浴槽設置代金:150,000円
既存の浴槽の解体:50,000円
既存の浴槽の撤去費用:50,000円
浴室暖房乾燥機代金:140,000円
浴室暖房乾燥機設置費用:50,000円
ガス給湯器本体代金:68,000円
ガス給湯器設置費用:44,000円
給排水配管工事:50,000円
電源配線工事費用:40,000円
壁の張替え・補修費用:162,000円
床の張替え・補修費用:150,000円

TOTO/サザナ
現状の浴室の広さは充分ですが、デザインや機能性が理想とするものからは程遠く、明るく機能性溢れた浴室にして欲しいという要望を頂きリフォーム致しました。浴室は常に綺麗でありたいという想いから浴室暖房乾燥機を取り付け、湿気による水カビなどを防ぐこともでき、浴槽は高級感溢れるホーロ製に変更し清掃性、保湿性を獲得。
床は冬場でも温かいようにサーモタイルを使用して、要望通りの浴室へと生まれ変わりました

②狭くて暗い雰囲気の浴室を拡張し全面リフォーム
参考価格:1,422,700円

価格/費用の内訳
浴槽代金:710,000円
浴槽設置代金:140,000円
既存の浴槽の解体:46,000円
既存の浴槽の撤去費用:49,000円
ガス給湯器本体代金:50,000円
ガス給湯器設置費用:35,000円
給排水配管工事:45,000円
電源配線工事費用:30,000円
壁の張替え・補修費用:168,000円
床の張替え・補修費用:149,000円

LIXIL/アライズ
タイル張りの薄暗く、冷たい雰囲気の浴室を全面リフォームしました。
浴室の狭さを解消するために浴室を拡げ、身体を折り曲げて体育座りでしか入れなかった浴槽は、足を伸ばしてのびのびと浸かれる大きな人造大理石の浴槽に変更。タイル張りだった壁も取り払い、浴室を拡張しました。
清掃性の優れたパネルへと変更し、床は保温性を考えて樹脂製のものへと変更し、寒い日でもタイルによる冷えもなくなり、快適な浴室へと生まれ変わりました。

リフォーム費用/価格50万円~100万円の参考例

①両親が安心して使える浴室へとリフォーム
参考価格:784,000円

価格/費用の内訳
浴槽代金:360,000円
浴槽設置代金:100,000円
既存の浴槽の解体:26,000円
既存の浴槽の撤去費用:22,000円
給排水配管工事:48,000円
壁の張替え・補修費用:128,000円
床の張替え・補修費用:100,000円

Panasonic/Lクラス
高齢のご両親と住んでいて両親が安心して使える浴室へとリフォームして欲しいとの要望でした。足腰が弱くなってきている両親のために、浴槽を跨ぐ高さを既存のものより低いものへと入れ替えしました。壁も床も青いタイルで覆われていましたが、天井と床と壁は断熱材で覆われたものに変更。また青い色よりも明るく入浴して欲しいということだったので、ブラウンの明るい色調に統一。床材は畳の様に柔らかく滑りにくい素材なので、万が一の転倒も和らげてくれます。

②タイル張りの狭い浴室を足が伸ばせる大きなシステムバスへ
参考価格:802,000円

価格/費用の内訳
浴槽代金:390,000円
浴槽設置代金:90,000円
既存の浴槽の解体:46,000円
既存の浴槽の撤去費用:22,000円
給排水配管工事:28,000円
断熱窓二枚:28,000円
壁の張替え・補修費用:108,000円
床の張替え・補修費用:108,000円

ノーリツ/ユパティオ
在来浴室というモルタルを敷き詰め、タイルで床や壁を形成している昔ながらのお風呂を、足を伸ばせて清潔感あるものに変えてもらいたいとの要望。 元々ついていた出窓から陽の光が当たるようにと、タイル張りの壁と浴槽を全て解体。
そのスペースに既存の浴槽より大きなサイズの浴槽を設置しました。浴槽は広々足を伸ばせて、冬場は冷えきってしまっていた浴槽も暖かく、入浴翌日には床も乾きカビも発生しにくい快適な空間へとなりました。

リフォーム費用/価格50万円未満の参考例

①ボロボロのタイル張りの壁を張替え浴槽も一新
30年間使った浴室の壁は、カビや塗装が剥がれてベリベリになっており、まるでお化け屋敷のような薄暗く不気味な見た目になっていました。
浴槽もザラザラでところどころの塗装が剥げてヤスリのように変貌。

浴槽の広さには問題がなく、綺麗にして欲しいというご要望だったので、浴槽を再塗装し新品のような外観に。
長年連れ添い汚れてしまった壁は、綺麗に張り替えて清潔感溢れる浴室へと蘇りました。

参考価格:402,000円

価格/費用の内訳
浴槽再塗装:120,000円
浴槽設置代金:90,000円
既存の浴槽の解体:19,000円
既存の浴槽の撤去費用:22,000円
給排水配管工事:41,000円
壁の張替え・補修費用:110,000円

②劣化した浴槽を新品へと交換したい
浴槽が劣化し錆びだらけで、浴槽も下地がグラグラとしており、先日子供がグラつきで滑り頭を打ってしまったとのこと。
子供のためを思って浴槽を新しいものへと変更して欲しいが、費用はできるだけ抑えてほしいと希望がありました。
既存サイズの浴槽を見つけて既存の浴槽の解体、撤去をし、新たな浴槽を組み立て、新しい浴槽を設置したことで出来てしまった隙間はバスパネルで施工しました。
全ての工程合わせて1日で完了です。

参考価格:296,000円

価格/費用の内訳
浴槽代金:166,000円
浴槽設置代金:80,000円
既存の浴槽の解体:30,000円
既存の浴槽の撤去費用:20,000円

ユニットバスの種類と参考価格

FRP

参考価格:30~50万円

浴槽のリフォーム中ではもっとも費用を抑えることができる素材です。FRP素材の浴槽は加工が容易なため大量生産されており、形や規格が多種多様にあります。
値段が安いからと言って耐久性がないのかと言われればそうではありません。船底などに使われたりするので、その耐水性、耐久性は信用できるものです。安く済ませようとすれば浴槽は2万円ほどで抑えた後、工賃込みで30万円以内に収まるケースもあります。
リフォームにかかる参考価格は30万~50万の費用で収まることが多いです。

ホーロー

参考価格:100~200万円

ホーロー鍋と同様にガラス質のコーティングが施されており、その外観の美しさは紹介する浴槽素材の中で1番なのではないでしょうか?
ガラスのコーティングが施されており清掃性が高く、入浴後にシャワーで流してタオルなどで拭くだけで清潔さを保つことのできます。ただしホーローは大量生産品ではないので費用が安くはなく、浴槽本体の重量によって2階以上では3階に設置すると重さで耐えきれないといった場合もあり、ホーロー素材の浴槽にリフォームした場合100万~230万円が相場となっています。

ステンレス

参考価格:30~100万円

FRP同様古くから利用されているステンレス素材の浴槽は、耐久性・保湿性ともに抜群で現在でも根強い人気をもっています。
しかし見た目が金属系であったり、手触りが金属特有なので無機質感が苦手といった方も少なくはありません。色付きがいいというのであれば、カラーステンレスという塗装されたものを使うことで、無機質なイメージを変えることは出来るでしょう。浴槽の価格も3万円から60万円台まであり、30万~100万の費用が相場になります。

人造大理石

参考価格:70~250万円

見た目の美しさと清掃性の高さも持っている人造大理石の人気は高く、FRP素材の浴槽に次いでリフォーム時に選ばれている素材です。
人造大理石は浴槽の費用の差が広く、さらにポリエステル系かアクリル系かで値段が大幅に変動します。
ポリエステル系が10~50万の値段なのに対して、アクリル系浴槽の場合は30万~130万といった値段が相場となり、リフォーム時に発生する費用は70~250万ほどです。

木製

参考価格:40~200万円

見た目の優雅さから木製の浴室リフォームに憧れる方も少なくありませんが、浴槽本体の値段も高価なものが多く、一般家庭の浴槽サイズでも40万円ほどかかってしまう事もあります。浴槽の値段も30~120万円と価格の差も広く、ヒノキの浴室浴槽などに変更しようと思うのならば、加工費なども含めて200万円以上の費用がかかる事も珍しくありません。
また木製のため湿気は対敵です。しっかりとした換気ができる環境にないと、リフォームしても寿命を縮めることになるので注意が必要です。

タイル

参考価格:10~40万円

浴室をタイル張りにリフォームする場合、タイル費用と工賃などかかってきます。
タイル一枚辺りの値段相場の差もあり、凝ったデザインを提案し、沢山のタイルを使えば使うほど費用は上がっていくでしょう。唯一無二のデザインを求めているといった人にはオススメできるリフォームですが、他の素材に比べるとこまめに清掃しなければならないというデメリットがあります。浴槽のリフォームというより壁や床をリフォームされる方も多く、リフォーム費用は10万~40万ほどが相場となっています。

お風呂・浴室のリフォームに費用をかけるべき?

日々大量のお湯を使う浴室は、家の中でも最も痛みやすい箇所です。10〜15年ほどの年月が経過すると補修が必要と言われています。しっかりタイミングを逃さずにリフォームすることで、リフレッシュ空間を維持するだけでなく、家全体の性能を維持するのにも効果的です。
以下の点に注意しながら、リフォームに必要な費用を想像してみて下さい。

水漏れ・湿気対策
安いと思っても、水漏れや湿気対策がないがしろにされていては、後々痛い目を見てしまいます。信頼できる会社・職人に現状の老朽化具合からしっかり対策をしてもらうよう依頼しましょう。

解体費用
マンションの古いユニットバスの撤去処分で約5万円。戸建ての在来工法でできた浴室になると約15万円追加で発生するため注意しておきましょう。

電気工事
浴室暖房乾燥機の設置はリフォームニーズが高く非常に便利な商品です。設置する際は商品だけでなく、ブレーカーと直結する電気工事が必要になるので、商品+工事費で15万円ほどを目安としておきます。

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事