マンションのお風呂・浴室リフォームの費用・相場

/ 136Views

浴室には、ユニットバスのものから在来工法のものまで、さまざまなスタイルがあります。ユニットバスとは、規格に応じてメーカーが工場で作り上げた浴槽や床、壁などのパーツを組み合わせてつくるものを指します。

在来工法は、現場の浴室スペースに防水処理を施したうえで、タイルやモルタルなどで壁や床などを現場でつくっていく昔ながらの工法です。浴室の広さや形に合わせてつくることができ、自由にデザインをし、素材を選べます。ユニットバスは、大量生産されたパーツの中から既製品を選んでいくので、コストは低く抑えられます。保温性や防水性も高く、工期も短く抑えられるので、特段こだわりがなければ、費用が安く収められるのでおすすめです。在来工法は、職人が一からつくるため、作業工数がかかると同時に、デザインや材質を個々で選ぶため、材料費も高くつきます。

ユニットバスをリフォームする場合は、選ぶ本体のグレードによって価格はことなります。工事費で差が出ることは少ないです。在来工法でおこなう場合は、200万円以上かかり、マンション建物の状況、デザインや選ぶ材料によっては500万円以上にもなることも。

マンションのお風呂・浴室リフォーム事例

在来工法の浴室をユニットバスに交換


参考価格:70万円~140万円程度
選ぶグレードとサイズによりますが、ユニットバスは50~100万円程度、工事費用は20~40万円程度が目安です。

ユニットバス交換に加えて、給湯器と給排水管の取り換える


参考価格:約90万円~170万円程度
給湯器と給排水を追加で交換するには、20~30万円程度の追加費用で実施することができます。設置から30年以上たっている場合は配管が老朽化しており、衛生面や機能面で不具合が出ている可能性があるので、あわせて検討するとよさそうです。

マンションのお風呂・浴室リフォームで出来ること・出来ないこと

マンションによっては、ユニットバスのみと規定されている場合があります。管理規約で事前に確認しておきましょう。
また、古いユニットバスから新しいものに取り換える場合、もともとのサイズよりも大きなサイズのものを選べるケースがあります。現在のユニットバスは、限られた空間をうまく活用できるようになり、デッドスペースが減っているおかげです。

水回りには給排水が必要になるため、排水勾配の確保が必要になります。パイプスペース(PS)に水を流すため、勾配をつける必要があり、リフォームで浴室の位置を変更する場合は、床が上がってしまうケースがあります。その場合、床が上がることで天井高が低くなって、空間が狭くなるので注意が必要です。

パイプスペースがある場所から遠く離れるほど床は上がり、天井高は低くなります。浴室の間取り変更も検討している人は、検討をはじめる前に、専門業者に自宅の配管がどうなっているのか、確認してもらいましょう。

間取りを変更する場合、配管工事や電気工事が必要になるので、費用も通常より大幅にかかってきます。
他にも、既存の給湯器に追い炊き機能がついていない場合、温かいお湯を送る追い炊き管が設置されていないケースが多く、マンションによっては、その設置工事ができないケースもあります。給湯設備の取り換えを考えている人は注意が必要です。

マンションのお風呂・浴室リフォームをする際の注意点

マンションで浴室のリフォームを検討する際は、まずは、管理規約と図面の内容を確認しましょう。プロでなければ判断がつかないことが多いので、可能であれば、見積もり依頼とあわせてプロの業者に現地調査をしてもらうことをおすすめします。現地調査をしてもらわず見積もり依頼をすると、実際にリフォーム工事に取り掛かった時に、想定外の状況が発生し、費用が追加でかかってくる場合が往々にしてあるので注意が必要です。

また、希望する工事ができなくなり、途中で変更せざるを得なくなることもあります。着工後のトラブル原因にも。現地を見てもらう手配は面倒に感じるかもしれませんが、適正な価格でリフォームを進めるためにもぜひやっておきましょう。

  • 浴室の間取り変更する場合は、給排水管をつなぐパイプスペース(PS)が設置されている場所を確認しましょう。そのうえで、希望する位置への変更ができるか業者に相談し、その際に、床上げが必要か、その高さはどのくらいになるか確認をし、自分たちの許容範囲か確認しましょう。
  • 給湯器の移動や容量アップを希望する場合は、自室の状況をプロに確認してもらうと同時に、マンションの管理規約を確認し、工事などの対応が可能か確認しましょう。

見積もりポイント

見積もりは、複数の業者から取得をするのがおすすめです。費用の差を確認するだけでなく、業者によって提案プラン内容が変わってくるので、どのプランが自分たちにとってベストか検討しましょう。

浴室リフォームにおける費用は、ユニットバスの場合、大きく分けて【ユニットバス本体や部材費】×【作業単価×職人の人数×日数(=工事費用)】で算出されます。業者ごとに見積もりが上がってきた際は、項目ごとに見比べてみた上で、なぜその価格なのかを確認するといいでしょう。

ユニットバスは、基本的に組み立て作業になるので、工事費用は業者によってかかる日数や作業単価に価格差はあまり出てきません。ユニットバス本体価格は、業者によって仕入れられる価格が異なるので、希望するメーカーがある場合は、そのメーカーを得意とする業者に依頼すると、比較的安く手に入れられるでしょう。

注意点として、工事費が極端に安い場合、安価な理由として職人の技術力が極端に低く未熟な可能性があります。在来工法の場合は、浴室のサイズや希望するデザインによって費用はさまざまなのです。水回りを専門とする業者に相談することをおすすめします。

特にマンションの場合は、リフォーム瑕疵保険に入っている業者であるかどうかも確認しておきましょう。水回り工事は、工事中に漏水が起きるなどトラブルが発生した場合、階下や隣の住民に迷惑をかける恐れがあります。そんなトラブルが発生した際、損害を与えた相手に補てんや保証を行う際に保険が役立ちます。

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事