戸建てのお風呂・浴室リフォームの費用・相場

/ 135Views

浴室には、ユニットバスのものから在来工法のものまで、さまざまなスタイルがあります。ユニットバスとは、規格に応じてメーカーが工場で作り上げた浴槽や床、壁などのパーツを組み合わせてつくるものを指します。

在来工法は、現場の浴室スペースに防水処理を施したうえで、タイルやモルタルなどで壁や床などを現場でつくっていく昔ながらの工法です。浴室の広さや形に合わせてつくることができ、自由にデザインをし、素材を選べます。

ユニットバスは、大量生産されたパーツの中から既製品を選んでいくので、コストは低く抑えられます。また、保温性や防水性も高く、工期も短く抑えられるので、特段こだわりがなければ、費用が安く収められるのでおすすめです。

在来工法は、職人が一からつくるため、作業工数がかかると同時に、デザインや材質を個々で選ぶため、費用が高くなります。

戸建てのお風呂・浴室リフォーム事例

在来工法の浴室をユニットバスに交換

参考価格:100万円~150万円程度

在来工法の浴室を解体し、新しくユニットバスを取り付けた場合の価格相場です。ユニットバス本体の中心価格帯は50万円~100万円程度に加え、工事費が追加になります。

工事費は、ユニットバスを交換だけではなくユニットバスの規格に合わせて浴室の増築工事や解体費用なども発生するため、工事費用は40万円~100万円と高めになります。

価格事例の詳細をチェック

50万円~100万円の戸建てのお風呂・浴室リフォーム事例を見る

ユニットバスの交換

参考価格:約70万円~140万円程度
選ぶグレードとサイズによりますが、ユニットバスは50~100万円程度、工事費用は20~40万円程度が目安です。

100万円~200万円の戸建てのお風呂・浴室リフォーム事例を見る

浴室暖房乾燥機を新しく設置

参考価格:約15万円~35万円程度
浴室暖房乾燥機には、壁に取り付けるタイプと天井などに内蔵するタイプがあります。設備価格は選んだ本体のグレードやオプションなどにもよりますが5万円~30万円、設置工事費は5万円ほどです。

戸建てのお風呂・浴室リフォームで出来ること・出来ないこと

戸建ての浴室リフォームは、マンションのリフォームと比べて、制約が少なく、給排水管の移動も自由におこなえるので、希望通りのリフォームがおこなえます。浴室のサイズも容易に拡張することもできます。手すりを付けたり、浴室内の段差をなくしてフラットにしたり、自在です。

近年のユニットバスは、サイズもさまざまで、長さだけでなく、ワイドスパンタイプなど縦横比率のバリエーションも充実しています。浴室は、5センチでも広げるだけで、体感的にゆったりとしたように感じられるので、単純な取り換えだけでなく、サイズアップもあわせて検討するとよいでしょう。

在来工法の浴室にリフォームすることは、戸建ての場合、問題なくできるでしょう。注意点として、防水や防熱機能が低いので、ユニットバスだったものを在来工法に変更する場合は、注意が必要です。防水工事をしっかりと施してもらいましょう。

また、隣の部屋への影響も考えておくとよさそうです。ユニットバスの場合は、専用のパネルやパーツで防水が保たれているので、隣の部屋への影響が出にくいですが、在来工法は浴室の湿気が、隣の部屋に影響するケースがあります。工事を依頼する業者と、間取りの位置も踏まえたリフォームのプラン内容をしっかり検討しましょう。

戸建てのお風呂・浴室リフォームをする際の注意点

浴室づくりの技術は年々進化しています。特に、ユニットバスは、断熱効果や保温効果が格段に上がっただけでなく、また、同じ広さの空間でもワンサイズやツーサイズアップさせた浴槽を導入することができるなど進化しています。

ユニットバスを導入する場合は、比較的簡単なリフォーム工事でおこなうことができるので大丈夫ですが、在来工法の浴室にしたい場合や追い炊き機能を追加したい場合などは、既存の建物構造や既存で設置している機器によって、大幅なリフォーム工事が必要になる場合もあります。価格面が大きく変わってくるので、見積もり時に確認しながら、リフォーム内容を検討しましょう。

  • 在来工法をおこなう場合、防水加工を別途施す必要があります。オーダーメイドのデザインの浴室づくりにお金がかかるだけでなく、防水加工の基礎工事も必要になるので、全体的に工事費用が高くなります。また、リフォーム工事にかかる時間も、ユニットバスに比べて長いので注意しておきましょう。
  • 追い炊き機能を新設する場合は、給湯器の別途機能が必要になったり、容量アップが必要になったりして、給湯器の取り換えだけでなく、給排水周りの仕組みを変更する基礎工事が必要になる場合があります。その場合、費用が高くなるので注意が必要です。

見積もりポイント

見積もりは、複数の業者から取得をするのがおすすめです。費用の差を確認するだけでなく、業者によって提案プラン内容が変わってくるので、どのプランが自分たちにとってベストか検討しましょう。

浴室リフォームにおける費用は、ユニットバスの場合、大きく分けて【ユニットバス本体や部材費】×【作業単価×職人の人数×日数(=工事費用)】で算出されます。業者ごとに見積もりが上がってきた際は、項目ごとに見比べてみた上で、なぜその価格なのかを確認するといいでしょう。

ユニットバスは、基本的に組み立て作業になるので、工事費用は業者によってかかる日数や作業単価に価格差はあまり出てきません。ただし、ユニットバス本体価格は、業者によって仕入れられる価格が異なる場合があるので、希望するメーカーがある場合は、そのメーカーを得意とする業者に依頼すると、比較的安く手に入れられるでしょう。注意点として、工事費が極端に安い場合、安価な理由として職人の技術力が極端に低く未熟な可能性があります。

在来工法の場合は、浴室のサイズや希望するデザインによって費用はさまざまです。水回りを専門とする業者に相談することをおすすめします。
また、リフォーム瑕疵保険に入っている業者であるかどうかも確認しておくと安心です。

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事