寝室リフォーム成功の方法

/ 188Views

寝室リフォームとは

寝室はベッドを設置するだけで済ませるためリフォームの中でも後回しにされがちな場所ですが、寝室は人生の三分の一を過ごす大切な部屋となってきますので、心地よくて落ち着ける空間とし、快眠できる空間づくりを検討しましょう。良質な睡眠のためには、「明るさ」、「音」、「温度・湿度」、「寝具」が大切となってきます。

寝室リフォームのポイント

窓や照明で明るさをコントロール

良質な睡眠を得るために寝室でまず大切になってくるのは、明るさをコントロールすることとなります。明るすぎる光は交感神経を覚醒させてしまいますので、ほどよい明るさにすることが心地よい眠りには望ましくなります。就寝時に適切な明るさは「月明かり」程度と言われています、寝室には明るい蛍光灯の光は採用せずに、やわらかな暖色系の光で間接照明など光源が直接目に入りにくいものを選ぶとよいでしょう。

調光機能やリモコンなどで操作ができれば更によいといえます。もし、完全に真っ暗だと夜中に起きてトイレに行くときに危険ですので、足元灯などを設置しておくこともオススメです。

また、朝起きる場合には、一般的に2500ルクス以上の明るい光を浴びると、体内時計がリセットされ心地よい目覚めとすることができると言われています。起きる前の目を閉じている状態でも光を感知して体は起きる準備をしますので、遮光カーテンで完全に光を遮ってしまわずに、徐々に寝室内が明るくなる環境とするとスムーズに起きれるようになります。明るさは曇りの日の自然光を目安としましょう。

内装材には快適性に加えて機能性を

部屋の印象に大きく影響する壁紙や天井は、奇抜なものにはせず目に優しい落ち着いた雰囲気にまとめましょう。色はシロ系が無難ですが、色を使うなら天井は無地系で周囲よりも少し濃いベーシュ系の色にすると落ち着いた雰囲気にすることもできます。また、キレイな空気の中で眠るために、消臭機能や抗菌機能がついている壁紙や、昔ながらの珪藻土や、エコカラットなど素焼き素材の壁材などにすることもよいでしょう。床材に関してはフローリングでもよいのですが、寝室は素足で歩くことも多いため吸音効果が高く、静かな寝室空間をつくれるカーペットなどもオススメです。

夜中に起きた時に備える

寝室では、トイレなどの用事で夜中に薄暗い部屋の中を歩くことが想定されますが、その際に転んだりぶつけて思わぬ大怪我をしないようにすることが大切となります。暗い室内では距離感がつかみにくいため、室内の凸凹を減らすことがポイントとなります。置き家具の凸凹などはキケンな要因となりますので、壁面収納やウォークインクローゼットなどで室内に凸凹をつくらないようにすることが大切となります。

また、足元に段差などがある場合もキケンですので解消するようにします。合わせて、足元灯(フットライト)などを設置すれば、暗い室内でも足元が見えやすくなりますのでより安心できます。LEDのフットライトなら一晩中点灯していても電気代はさほど気にならないはずです。

利用する家電をイメージしてコンセントの確保

寝室では以外と家電製品を使う機会があります。枕元の照明や、寝室内の空間を快適に保つ空気清浄機に加湿器、除湿器など、携帯電話や電話の子機、足元灯などがあります。以外と数が多いので、コンセント不足で困らないようリフォームで内装を張り替える際にはしっかりと確認しておきましょう。

寝室でコミュニケーションを

夫婦で寝室を共有している場合などは、寝室は眠るためだけの場所とはせず、夫婦でコミュニケーションがとれるゆったりとした時間を過ごせるように計画しましょう。夫婦円満の秘訣は、コミュニケーションの時間をとることが大切なようです。また、夫婦で仕事などの理由で生活時間帯が違うため同室だとストレスが溜まる場合は、ベッドや枕元の照明は別々にして、必要なときだけ間仕切りやカーテンなどで仕切るなど工夫するとよいでしょう。コミュニケーションは会話だけではありません。相手の空気は感じつつお互いの睡眠を確保できるようにすることが大切となります。

寝室・ベッドルームリフォームの情報・トピックス

寝室・ベッドルームリフォームの価格傾向

主な価格帯:10万円~100万円

寝室のリフォームは壁紙・クロス、床材の全面張り替えなどといった簡単なものであれば10万円ほど施工でできますが、ウォークインクローゼットなど収納を新規に増設、和室を洋室の寝室に変更、自然素材を取り入れた健康的な寝室など、快適な睡眠空間にこだわると価格は高くなってくる傾向があります。寝室リフォームの中心的な価格帯は10万円~100万円ぐらいのものが多くなってきます。

寝室・ベッドルームリフォームの価格と費用を見る

寝室・ベッドルームリフォームの事例集

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事