寝室・ベッドルームリフォームの価格・費用相場

/ 186Views

寝室・ベッドルームリフォームの価格・費用相場

価格の目安:約10万円~100万円

約150万円以上で可能な事例

▼ホテルの用な上質な寝室へリフォーム

参考価格:約150万円

寝るためだけの部屋を、ホテルのベッドルームのような上質な睡眠をとれる空間に大変身。光を天井に反射させるコープ照明とすると夜は更に上質な空間へと変わりますまた、壁面の一部に調湿効果のあるタイル(エコカラット)を採用することで、寝室空間の空気を清浄化し健康にも配慮するなど、徹底的にこだわった想定です。

約100万円前後で可能な事例

▼トイレへの導線を短く、高齢でも使い勝手のよい寝室

参考価格:約100万円

高齢になってくると寝室からトイレまでの導線が長いとつらいものです。寝室の位置を変更しトイレまでの導線を短くすることで高齢者への配慮をします。
同時に手すりの設置や足元灯などを設置するなどバリアフリーリフォームの効果を高めることができればより安心できます。

▼子供部屋をつくるリフォーム

参考価格:約100万円

子どもが成長してきたため、勉強や寝るために利用する部屋をリフォームする。部屋を仕切って子ども部屋をつくる場合、スペースを有効活用するためにベッドや収納、机などをコンパクトに。つくり付けの家具にするのも成功の秘訣。壁や床、天井などに明るい色を選ぶことで、狭い空間でも圧迫感を和らげることができます。天井や壁に空や騙し絵のクロスの使用や、部屋を広く見せる鏡を有効に使うのも楽しく快適に過ごすのに効果的です。

また、子どもの独立とともに違う用途に使えるよう、再生コストも考えてプランをたててもらうとよいでしょう。ライフステージに対応した将来的なレイアウト変更のしやすさから、可動式間仕切り収納も人気です。

▼和室を洋室の寝室へリフォーム

参考価格:約80万円

和室を寝室へリフォームするために、天井や壁、床を撤去し断熱材を施工。また、障子戸はインナーサッシにすると、断熱効果が高まるため、快適な睡眠が得られる寝室・ベッドルームとすることができます。

約50万円未満で可能な事例

▼寝室の内窓設置で断熱と騒音対策

参考価格:約10万円

窓など開口部から逃げる熱は以外と多く全体の4割~5割といわれています。そのため内窓の設置や二重サッシなど断熱効果が高い設備に交換することは有効な省エネ対策となります。また、内窓や二重サッシの設置で空気の層が窓と窓の間にできるため、断熱効果と合わせて騒音対策も得られます。取り付けの費用は窓のサイズや箇所にもよりますが、1箇所あたり設備費と取付工事費込で5~6万円程度と想定されます。また、マンションの場合は窓・サッシは共用部分となり交換することができないため、内窓の設置などで対処する方法が有効になってきます。

▼自然素材で健康的な寝室に

参考価格:約30万円

珪藻土やコルクなどに代表される自然素材は、健康配慮がされていると寝室などに取り入れられる方が多くいます。施工費用に関しては珪藻土の場合は施工方法にもよりますが1m²あたり4000円~6000円程度のため、20m²で計算すれば16万円程となります。また、コルクの床材では1m²あたり8000円~15000円が目安となってきます。

寝室・ベッドルームリフォームのポイント

 

睡眠は一日の中でも約1/3を占めており、住まいの中でも過ごす時間が特に長い場所となります。そのため快適な睡眠ができるように寝室をリフォームすることが求められてきます。
寝室リフォームのポイントとしては、照明や窓からの採光を調整したり、外からの騒音が気になるようであれば防音・遮音対策、また壁紙・クロスの変更で落ち着いた部屋にすることでリラックス空間にできます。

また、直接睡眠には関係ありませんが寝室は洋服や小物が散らかりがちなのでウォークインクローゼットなど収納を増設することで部屋をスッキリさせ、リラックス空間にすることも考えられます。

価格の傾向

寝室のリフォームは壁紙・クロス、床材の全面張り替えなどといった簡単なものであれば10万円ほどで施工可能ですが、ウォークインクローゼットなど収納を新規に増設、和室を洋室の寝室に変更、自然素材を取り入れた健康的な寝室など、快適な睡眠空間にこだわると50万円~100万円以上など価格は高くなってくる傾向があります。

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事