耐震リフォームの価格・費用相場

/ 244Views
価格の目安:約50万円~200万円

約100万円以上で可能な耐震リフォーム事例

▼屋根を軽量化して耐震対応

参考価格:約100万円~120万円

瓦など重い屋根の場合は、重心のバランスが悪いため地震の際に水平方向に強い力がかかってしまいます。対策としては重い屋根材から軽い金属材に葺き替えることで耐震性能をアップさせることができます。

ただし、一般的には屋根の補強よりも壁の補強のほうがコストが抑えられるため、屋根の耐震工事は屋根のメンテナンスによる葺き替えなどと合わせて実施することがオススメです。鋼板材やスレート材など使用する屋根材により工事費用は異なってきます。

その他、100万円以上の耐震リフォーム事例を見る

約50万円~100万円で可能な耐震リフォーム事例

▼外壁に耐力壁を設置して耐震補強

参考価格:約50万円

屋外から筋交いや構造用合板で補強します。外壁の張替えなど他のリフォーム工事と同時に施工することでトータルで工事単価を下げることが可能です。壁0.5間(910mm)1箇所あたり13~20万円程度が目安です。

▼基礎の鉄筋コンクリートを増し打ちで耐震補強

参考価格:約50万円

既存基礎の内側または外側から転勤コンクリートの基礎を増し打ちします。増し打ちとは構造体よりも余分にコンクリートを打設することを意味します。単価の目安は4~6万円/m。 新しく基礎を増設する場合は、増し打ちと比較すると単価が上がってきます。

その他、50万円~100万円の耐震リフォーム事例を見る

約50万円未満で可能な耐震リフォーム事例

▼耐震診断

参考価格:約10万円

耐震診断は一般的な木造住宅の場合、5万円~20万円程度が標準的な価格帯になります。特に昭和56年(1981年)以前に建てられた住居は古い耐震基準で設計されているため、現在の耐震性能を満たしていない可能性があります。

お住まいの住宅が耐震性能を満たしているか心配な場合は耐震診断を実施し診断結果に応じて耐震リフォームをしましょう。耐震診断は耐震リフォームを得意とする会社でもできますが、自治体によっては専門の診断士を派遣しくれたり、助成制度が用意されている場合もありますのでお住まいの市区町村の窓口にてご確認ください。

▼木造住宅に耐震金物を取り付け

参考価格:約40万円

耐震性を高めるためには耐力壁を増やすだけでは不十分で、阪神大震災の時の倒壊原因として、柱の接合部分の弱さが上げられています。地震の際に建物全体は前後左右、上下に強い力が働き、浮き上がりの力により住宅が浮き上がる場合があります。

浮き上がってしまうと柱や土台が梁から住宅が離れてしまうため、最悪のケースでは建物がバラバラに倒壊してしまいます。そのため、これらの力を計算したうえで必要な箇所に金物で住宅と基礎を一体化させる必要があります。

一般的に耐震金物1個の取り付けは3万円程度となります、そのため10個ほど取り付ける場合は30万円となり、更に壁の補修費用10万円を加えたものを今回の価格事例としています。

▼壁に筋交いを設置し、地震に備える

参考価格:約25万円

地震の横揺れに備えるためには筋交いと構造用合板(厚さ7.5ミリ以上)を構造計算をして建物の壁にバランスよく配置することが求められます。

筋交いとは柱と柱の間に斜めに組み込んだ木材を専用の金物で固定したものとなり、価格の目安としては壁0.5間(910mm)に対して材料費込で約10~15万円となります。また屋外から工事をする場合は3~5万円程度の追加費用が発生します。

▼基礎のひび割れ補修

参考価格:約10万円

基礎のヒビ割れている箇所がある場合はビックス工法(エポキシ樹脂を注入)で補修します。ただヒビ割れは補修できても元の強度以上とはならない点は注意です。費用は1ヶ所あたり1~2万円ぐらいが目安。

コンクリート構造物のひび割れ注入は、低圧・低速・長時間が最良の条件とされていますので、ビックス工法はこれらを満たした最適な工法となります。

▼外壁に補強材を設置して耐震対応

参考価格:約20万円~50万円

現在の外壁などを壊すことなく、直接外部から設置可能なタイプのブレース(筋交い)金物で補強します。採光などの問題から耐力壁の設置が難しい、開口部などでも設置が可能です。ただし、金属製のブレースがむき出しになるので、外から見えにくい場所に設置するほうがよいでしょう。

▼内壁で耐震補強工事

参考価格:約20万円

押入れなど室内側から筋交いや構造用合板にて補強します。壁0.5間(910mm)1箇所あたり7万円~15万円程度。押入れから補強ができるため工事単価は低めです。

その他、50万円未満の耐震リフォーム事例を見る

耐震リフォーム事例を価格帯別にチェック:

50万円未満 50万円~100万円 100万円~200万円 200万円~400万円 400万円以上 すべての事例(価格が高い順)

耐震リフォームのポイント

耐震補強工事の価格相場は、木耐協(日本木造住宅耐震補強事業者協同組合)が実際に行った耐震補強の工事費用によれば50万円~200万円が中心価格帯となるようです。耐震リフォームは住居の状態によって必要な補修内容や箇所が異なるため価格は100万円程度の場合もあれば1000万円以上する場合もあります。

すべての耐震補強工事を実施しては高額になってしまいますので、まずは専門家による耐震診断を実施してもらい、その結果から適切な耐震補強工事が何かを見極めることが大切です。建物の構造に大きく手を入れず実施する耐震工事であれば100万円以内でも十分施工が可能なようです。

自治体の補助金や減税制度を活用しよう!

なお、耐震診断や耐震リフォームについて、多くの自治体で費用の一部を助成してくれますので、まずはお住まいの自治体の窓口にて詳細を確認しましょう。

また、一定の条件を満たせば、所得税や固定資産税も控除されます。所得税については税務署に、固定資産税については市区町村の窓口にお問い合わせください。

耐震リフォームの減税制度についてでも確認できます。

木耐協(日本木造住宅耐震補強事業者協同組合)による価格調査内訳

50万円未満:12%
50~100万円:45%
100~200万円:32%
200~300万円:6%
300万円以上:6%

ポイントまとめ

1.本当に必要な耐震補強が何かは耐震診断の結果から判断しましょう。
自治体が実施している無料の耐震診断や、各メーカーが実施している簡易の耐震診断(無料)等を活用しましょう。

2.建物の耐震性能は一見するとわかりづらいため、悪質業者などでは「このままでは危険!」など、無用に不安を煽って、不当に高額な契約を促すような施工会社もいますのでは要注意です。

3.耐震リフォームでは、各自治体から助成制度や融資制度が準備されていることがあります。受けられる助成の詳細につきましては自治体によって異なる場合がありますので、まずはお住まいの自治体に内容を確認されることをオススメします。(申請は事前申請)

耐震リフォーム減税の内容を確認

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事