省エネ設備、創エネ設備の基本

/ 191Views

省エネリフォームを実現するために、従来の設備と比較して格段に省エネルギーとなった給湯設備や、家庭内でエネルギーが創出できる設備に関しての情報をまとめました。省エネ住宅でエコロジーな暮らしを検討してみましょう。

主な省エネ給湯機器

給湯はお風呂やキッチン、洗面など幅広い場所で利用されるため、家庭のエネルギー消費量の約3割を占めます。つまり給湯設備を熱効率の高いものへ交換すれば、住まい全体の省エネ化を図ることができるといえます。

主な省エネ給湯器器には、熱源の違いにより「電気給湯器」「ガス給湯器」「石油給湯器」があります。設置費用は普通の給湯器と比べて割高になりますが、ランニングコストを踏まえて、中長期的に考えて検討したいところです。

また、自治体などにより補助金が設定されている場合がありますので、事前に市区町村の窓口に問い合わせなどをしてみましょう。

電気給湯器(エコキュート)

エネルギー源に電気を使用するタイプ。ヒートポンプ技術により、空気の熱を利用してお湯を沸かすシステムになります。沸かしたお湯を貯めておくタンクがあるため貯湯用の設置スペースが必要となる。

設置費用は高めですが割安な夜間電力を利用することでランニングコストを抑えることができます。

ガス給湯器(エコジョーズ)

エネルギー源にガスを使用するタイプ。従来のガス給湯器が捨てていた排気ガスの熱を回収し再利用することで効率よくお湯をつくることができます。コンパクトで場所を取らないことも特徴です。給湯や追い焚き機能に加えて、床暖房や浴室暖房が可能なタイプもあります。

従来では約80%程度だった給湯熱効率が95%に向上しています。また、熱効率があがったことで、使うガスの量も少なく済むようになります。また、大気中に不要な熱の放出を低減し、CO2排出量の削減、地球温暖化防止に貢献することができます。

石油給湯器(エコフィール)

エネルギー源に石油を使用するタイプ。従来の石油給湯器が捨てていた熱エネルギーを回収し再利用することで効率よくお湯をつくることができます。サイズもコンパクトで設置しやすく、使用時の音や臭いも抑制されているため快適に使用ができます。

従来では約83%程度だった給湯熱効率が95%に向上しています。また、熱効率があがったことで、使う灯油の量も少なく済むようになります。また、大気中に不要な熱の放出を低減しCO2排出量の削減ができるため、暮らしにも地球環境にも優しい給湯機です。

主な創エネ設備

創エネとは創エネルギーの略称です。各家庭においてエネルギーを節約する省エネだけではなく、太陽光発電システムや家庭用燃料電池、ガス発電給湯暖房システムなどを利用して積極的にエネルギーを作り出していくという考え方のこと。

創エネ設備の1つに「太陽光発電」がありますが、これは太陽電池モジュールを屋根に設置し発電して余った電力を電力会社に売電することが可能です。近年国の後押しもあり設置費用が抑えられるようになってきたため、導入件数は急激に伸びているようです。

また、コージェネレーションと呼ばれる、発電時の排熱を利用して高効率のエネルギー供給を促す設備があります。国内では「コージェネ」あるいは「熱電併給」とも呼ばれます。家庭用では都市ガスを利用して発電、その熱で同時に給湯や暖房をおこなうエコウィルやエネファームがあります。

経済的で環境にやさしいシステムとなっており、国や自治体の補助金制度を受けられる場合がありますので、導入検討時には事前にお住まいの市区町村窓口などに確認しましょう。

太陽光発電システム

太陽光発電における費用は、屋根に設置する太陽電池パネルやパワーコンディショナーの設備の費用が大半を占めますが、国の後押しもあり急速に普及することで年々値下がりの傾向があります。

設置の際には、外壁や屋根工事といった箇所のリフォームなどと同時に施工すると足場設置費用が一度で済むため効率がよくなります。

設置に関して注意したいところは、太陽光パネルを載せる屋根の状態やパネルの重量が支えられるかどうかを確認する必要があります。場合によっては追加で下地補強や補修工事が必要となる場合があります。

家庭用燃料電池(エネファーム)

家庭用燃料電池は、基本的に燃料電池ユニットと貯湯ユニットで構成されています。発電の仕組みは都市ガスから水素を取り出し空気中の酸素と化学反応させるクリーンな発電方法となります。

火力発電などによる大規模発電は家庭から遠く離れた場所からエネルギーが送られてくるため熱エネルギーを効率よく利用できないため捨てていましたが、このシステムでは家庭内に発電装置を設置するため熱エネルギーを有効利用することができ、そのエネルギーの8割以上を利用できるといわれています。

ガス発電給湯暖房システム(エコウィル)

ガスでタービン(発電機)を回すことで発電し、その時に同時に発生する熱を給湯と追い焚き、暖房設備に直接利用することができる高効率のシステムです。

大規模発電(火力発電所)などで発生したエネルギーなどは家と発電所が遠く離れているため、そのエネルギーの40%程度しか有効利用できていませんが、このシステムでは家庭内と発電場所と利用場所が近いため約92%のエネルギーを利用できるため、高効率で地球にやさしいシステムとなります。

省エネ・エコリフォームの情報・トピックス

省エネ・エコリフォーム成功の方法

近年、「省エネ・エコリフォーム」を実施する人が増えてきます。省エネ・エコリフォームを実施することで、住まいの快適性や耐久性の向上が図れることに加えて、環境負荷の低減やエネルギー使用量の削減による低コストなどさまざまな効果が期待されます。

ここでは環境に優しく、快適な住まいにするための省エネ・エコリフォームについての基本とメリットをご紹介します。税制については省エネリフォームの減税制度についての記事でも内容を確認することができます。

省エネ・エコリフォーム成功の方法を見る

省エネ・エコリフォームの価格傾向

主な価格帯:30万円~500万円以上

省エネ・エコリフォームをすることで、快適な生活を遅れるだけではなく地球環境に優しくなれたり、光熱費を抑えることができるなどメリットがいっぱいあります。

省エネ・エコリフォームでは窓や玄関ドアの交換といった開口部への対応がまず求められますがこの場合は設備のグレードや数などにもよりますが30万円~60万円程度が目安となります。

外壁・屋根、床下などに断熱材を充填したり断熱パネルに交換するとなると大掛かりになってくるため200万円~500万円の費用がかかってくる傾向があるようです。

省エネ・エコリフォームの価格と費用を見る

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事