断熱工法の種類(内断熱と外断熱)

/ 199Views

 

省エネリフォームに欠かせない断熱リフォームの内断熱工法(充填断熱工法)と外断熱(外張り断熱工法)について解説します。

断熱工法について

室温を保ち快適な室内環境をつくるためにも断熱リフォームは大切な要素となります。冷暖房の効率をよくすることで住まいの省エネルギー性能を向上させてエコリフォームの役割も担ってくれます。

断熱工法は、おおまかに「内断熱(充填断熱)工法」と「外断熱(外張り断熱)工法」に分けることができます。いずれも特徴があり一長一短がありますので、地域の特性や予算、住まいの状況に合わせて選択されることをオススメします。

内断熱工法(充填断熱工法)

在来工法のほとんどが充填断熱工法となります。建物の床下や壁、天井の構造材(軸組)の間に断熱材を隙間なく詰め込むことで断熱効果を発揮させる工法となります。

断熱材には何でも使用可能ですが、グラスウールやロックウール、ポリエステル樹脂などといった繊維系断熱材がよく利用されます。また、費用も比較的安価に抑えられる工法ではありますが、木材と取り合う部分が多く、断熱材が途切れることにより熱損失が生じやすい難点もあります。

※充填断熱工法には、現場で構造躯体と断熱施工が同時に完了できる「断熱パネル工法」、専用の吹込み装置を用いて、綿状のロックウールや粒状になったグラスウールを吹き込んでいく「吹込み工法」も含まれます。

外断熱工法(外張り断熱工法)

基礎や壁、屋根など建物全体をすっぽり包み込む工法です、壁の外側全体に断熱材を張り付けるため、費用としては割高になってしまいますが、隙間が生じにくく熱損失が少ないことが特徴です。

また、外断熱工法の場合は、季節を通して壁体内も室内と近い環境となるため、室内との温度差が少なく、壁体内の結露の可能性も少なくなるメリットもあります。 断熱材には主にプラスチック系のボードタイプのものが用いられ、継ぎ目に気密テープを貼って気密を確保します。

外断熱と内断熱の比較

以下は、一般的な内断熱工法、外断熱工法における、設計性やコスト、維持管理などについての比較表になります。

①内断熱工法(充填断熱) ②外断熱工法(外張り断熱)

日本での普及具合
①多い ②少ないため

気密工事の施工性
①柱や土台で途切れる場合もある ②ほとんど途切れることなく断熱可能

施工コスト
①安め ②高め

断熱・気密性
①低め ②高い

冬季の乾燥
①通常 ②乾燥しやすい

換気効率
①低い ②高い

室内温度差
①大きい ②少ない

熱損失
①多少あり ②少ない

施工性
①容易なため、施工できる会社が多い
②熟練が必要なため施工できる会社は少なめ

配管や配線の変更
①変更しづらい ②変更しやすい

利用できる断熱材
①ほぼ何でも大丈夫 ②制限あり(重い物は使えない)

内部結露
①室内側防湿層を設けるなどしないと起きる可能性あり
②壁体内も室内と同環境となるため結露の心配は少ない

外断熱と内断熱どっちがよい?

外断熱も内断熱ともにどちらが優れているとも言い切れません。外断熱工法であれば、家全体を断熱材で覆うため気密性が高いため季節を問わず快適な室内環境を作りやすくなる一方で施工費が割高であったり、気密性の高さ故に換気計画をしっかり検討する必要があります。

一方で内断熱工法の場合は、断熱性は劣るものの省エネ性能を向上させつつ割安に施工できることがメリットとなります。いずれの工法を選ぶにしても、大切な事は、住まいの状況に合わせて確実な施工ができる会社に頼むことになります。

中途半端な会社に施工してしまうと結局、断熱性能が発揮しきれず省エネ効果も半減してしまうかもしれません。

省エネ・エコリフォームの情報・トピックス

省エネ・エコリフォーム成功の方法

近年、「省エネ・エコリフォーム」を実施する人が増えてきます。省エネ・エコリフォームを実施することで、住まいの快適性や耐久性の向上が図れることに加えて、環境負荷の低減やエネルギー使用量の削減による低コストなどさまざまな効果が期待されます。

ここでは環境に優しく、快適な住まいにするための省エネ・エコリフォームについての基本とメリットをご紹介します。税制については省エネリフォームの減税制度についての記事でも内容を確認することができます。

省エネ・エコリフォーム成功の方法を見る

省エネ・エコリフォームの価格傾向

主な価格帯:30万円~500万円以上

省エネ・エコリフォームをすることで、快適な生活を遅れるだけではなく地球環境に優しくなれたり、光熱費を抑えることができるなどメリットがいっぱいあります。

省エネ・エコリフォームでは窓や玄関ドアの交換といった開口部への対応がまず求められますがこの場合は設備のグレードや数などにもよりますが30万円~60万円程度が目安となります。

外壁・屋根、床下などに断熱材を充填したり断熱パネルに交換するとなると大掛かりになってくるため200万円~500万円の費用がかかってくる傾向があるようです。

省エネ・エコリフォームの価格と費用を見る

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事