断熱材の種類による性能の違い

/ 372Views


省エネリフォームに欠かせない断熱材による機能の違いや長所・短所などについて解説します。

断熱材の種類による性能の違い

「断熱材」とは、気体の熱伝導率の低さを利用することで気体を素材内部に閉じ込め、断熱効果を発揮させる素材です。

建物で使われる断熱材はグラスールなどの「繊維系断熱材」、羊毛などの「自然素材系断熱材」、ウレタンフォームなど「発泡プラスチック系断熱材」に大きく分類されます。

繊維系断熱材

繊維系断熱材には、ガラスを原料に製造される「グラスウール」、ペットボトルをリサイクルすることで作られた「ポリエステル樹脂」などがあります。

繊維系断熱材は、専用の機械により壁や天井、床下に吹き込む施工方法が一般的です。価格は安いのですが、材料の中に水蒸気が入ることで性能が落ちる場合もありますので、防湿工事を合わせてする必要があります。

自然素材系断熱材

「羊毛」や回収古紙やパルプなどから作られる「セルロースファイバー」などが該当します。天然素材となるため人体や環境への負荷が少ない反面、断熱性能のわりにコストが高いところが難点となります。

発泡プラスチック系断熱材

発泡プラスチック系の断熱材は、その名前が表すとおり、さまざまなプラスチックを発泡させることで製造されます。

また製造方法により更に2種類に分かれます。発泡させながら押し出して成形する「押し出し発泡ポリスチレン」、粒状のポリスチレンを金型にいれて発泡させて製造する「ビーズ法ポリスチレン(発泡スチロール)」があります。

ウレタンフォームでは、ボード状と現場発泡のするタイプの2種類があります。また、高発泡ポリエチレンフォームでは、他のボード状の断熱材に比べて柔軟性が高く、壁や柱の間にも充填しやすいのが特長となります。

また、「フェノールフォーム」では、断熱性が高く、経年劣化しにくいという特徴があります。

断熱材の特徴

グラスウール

リサイクルされたガラスを原料に高温で溶かして細い繊維状にした断熱材で、床・壁・天井など住宅のほとんどの部位に使用することができます。耐久性が高く火にも強いのが特徴で、吸音性も備えています。

柔軟性が高いため、木材の乾燥や収縮に対応できるため、充填断熱工法に適しています。価格も比較的手頃なため、日本の木造住宅では最も多く使われています。

ロックウール

石質材料や製鉄過程で発生するスラグなどを高温で溶かして細い繊維状にした断熱材で、床・壁・天井など住宅のほとんどの部位に使用することができます。

熱に特に強く650度以上の熱に耐えることができます。また、有毒ガスも発生しません。

セルロースファイバー

回収古紙やパルプなど天然の木質繊維を綿状に粉砕し、防虫・防火対策の薬剤を点火した断熱材となります。

各繊維の中にできる空気泡が高い断熱性を発揮します。現場では吹付けまたは吹き込みで施工する場合が多く、複雑な構造の場所でも確実に施工できます。

また、木質繊維の素材そのものが湿気を吸収・放出する特性があるため、結露が起きにくいメリットがあります。

ビーズ法ポリスチレンフォーム

一般的には「発泡スチロール」と呼ばれるもの、ポリスチレン樹脂に発泡材と難燃剤を加えことでビーズ状にしたものを、型に合わせて発泡させることで自由な形状に仕上げることができます。

水や湿気に強く、軽くて緩衝性の高い断熱材です。配管や円筒形の部位の保湿材、断熱材や梱包材として使用されています。

押出法ポリスチレンフォーム

ポリスチレン樹脂に発泡剤と難燃剤を加え、発泡させながら押し出しながら成形します。ビーズ法よりも断熱性、耐圧性、吸水・吸湿、熱伝導性が優れます。外断熱に適した断熱材となります。

また基礎の外断熱材に使用する場合はシロアリ対策も必要となってきます。

硬質ウレタンフォーム

ポリイソシアネートとポリオールを発泡剤と整泡剤と混合して科学反応を起こし、発泡させた断熱材です。ボード状と現場発泡の2種類があります。

気泡には熱伝導率の極めて小さいガスが含まれているため薄くても高い断熱性を発揮します。外張り断熱でよく用いられる断熱材となります。施工性の良さから成形品より使用割合が多く施工量が増加傾向にあります。

高発泡ポリエチレンフォーム

ポリエチレン樹脂に発泡剤を加えて製造される断熱材です。高い断熱性と共に、柔軟性が高いため、壁や柱の間に充填しやすいのが特徴。目地材や配管カバーの断熱材として使用されています。

フェノールフォーム

フェノール樹脂を発泡させたボード上の断熱材です。長期間安定した性能を保持するほか、火に対しても表面が炭化するだけで煙や有害ガスを発生せず、不燃材料や準不燃材料の認定を受けた製品もあります。

羊毛

羊毛が原料の断熱材、自然素材からできているため有害物質の心配がりません。住む人の健康や環境にやさしい素材としえます。ただし断熱性能の割には高価な欠点もあります。

断熱材の特徴と機能比較

以下は、一般的な断熱材についての特徴や結露のしやすさ、価格などについての比較表になります。

①特徴 ②結露 ③価格 ④環境負荷 ⑤熱伝導率

グラスウール
①繊維系 ②結露しやすい ③低価格 ④なし ⑤高い(断熱性が低い)

ロックウール
①繊維系 ②結露しやすい ③低価格 ④なし ⑤高い(断熱性が低い)

ポリエステル樹脂
①繊維系 ②結露しにくい ③高価格 ④大きい ⑤低い(断熱性が高い)

ポリスチレンフォーム
①発泡プラスチック系 ②結露しにくい ③高価格 ④大きい ⑤低い(断熱性が高い)

硬質ウレタンフォーム
①発泡プラスチック系 ②結露しにくい ③高価格 ④大きい ⑤低い(断熱性が高い)

フェノールフォーム
①発泡プラスチック系 ②結露しにくい ③高価格 ④大きい ⑤低い(断熱性が高い)

セルロースファイバー
①自然素材系 ②結露しにくい ③高価格 ④低い ⑤低い(断熱性が高い)

羊毛
①自然素材系 ②結露しにくい ③高価格 ④低い ⑤なし

省エネ・エコリフォームの情報・トピックス

省エネ・エコリフォーム成功の方法

近年、「省エネ・エコリフォーム」を実施する人が増えてきます。省エネ・エコリフォームを実施することで、住まいの快適性や耐久性の向上が図れることに加えて、環境負荷の低減やエネルギー使用量の削減による低コストなどさまざまな効果が期待されます。

ここでは環境に優しく、快適な住まいにするための省エネ・エコリフォームについての基本とメリットをご紹介します。税制については省エネリフォームの減税制度についての記事でも内容を確認することができます。

省エネ・エコリフォーム成功の方法を見る

省エネ・エコリフォームの価格傾向

主な価格帯:30万円~500万円以上

省エネ・エコリフォームをすることで、快適な生活を遅れるだけではなく地球環境に優しくなれたり、光熱費を抑えることができるなどメリットがいっぱいあります。

省エネ・エコリフォームでは窓や玄関ドアの交換といった開口部への対応がまず求められますがこの場合は設備のグレードや数などにもよりますが30万円~60万円程度が目安となります。

外壁・屋根、床下などに断熱材を充填したり断熱パネルに交換するとなると大掛かりになってくるため200万円~500万円の費用がかかってくる傾向があるようです。

省エネ・エコリフォームの価格と費用を見る

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事