外構・エクステリアリフォーム基礎知識

/ 510Views

外構・エクステリアリフォーム成功のために抑えておきたいスタイルの種類や違いなどをまとめました。
外構・エクステリアリフォームの価格と費用についても学べます。

外構・エクステリアリフォームとは

外構・エクステリアは、門扉・フェンス・生垣の設置方法などにより「オープンスタイル」「クローズドスタイル」「セミオープンスタイル」分けることができます。

それぞれプライバシー確保や開放感、デザイン性などメリット・デメリットがありますので、ライフスタイルや周辺環境に合わせて検討することが大切となります。

外構・エクステリアのスタイルによる違い

オープンスタイル(オープン外構)

オープンスタイルは、敷地をフェンスなどで囲まないため外から見通しのよいオープンなデザインとなります。メリットとしては、開放的で広々とした空間を感じれる、仕切りが少ないため光や風が通り抜けやすい、建物のシルエットが街並みに調和するようなファサード空間が演出できる事があげられます。

また、建材の数を減らすことができるため費用面でもメリットがでてきます。デメリットとしては、敷地への出入りが容易になるため防犯性に不安がでてきます。防犯性を高めるための設備導入も合わせて検討したいところ。

また、外から敷地内が見通せるためプライバシーの確保も課題となってきます。

クローズドスタイル(クローズド外構)

クローズドスタイルは、敷地全体を門扉・フェンス・生垣などで囲んだデザインで家の中が外から見えにくくなります。メリットとしては、道路や近隣からの視線を遮断できるためプライバシーが確保できることがあります。

またデザイン面では門扉・フェンス等のトータルコーディネートで、まとまりのあるファサード空間とすることもできます。デメリットとしては、どうしても閉鎖的な雰囲気となるため室内でも圧迫感を感じてしまうことにあります。

防犯面では不審者に侵入しにくい反面、侵入されると用意に隠れる場所が出来やすいため防犯対策が大切となってきます。また、オープンスタイルと比較して設備・建材費用が余分にかかってきます。

セミオープンスタイル(セミクローズド外構)

オープンスタイルとクローズドスタイルの2つの要素を組み合わせたスタイルが、セミクローズドスタイルとなります。

基本的には塀やフェンスで囲ってしまうクローズドスタイルですが駐車スペースのみオープンにしたり、敷地全体を囲うフェンスや植栽は設置するのですが高さは低めにして仕切りと開放感を同時に取り入れたりなど、暮らしの目的や予算に合わせて様々なタイプが検討できます。

外構・エクステリアリフォームのコツ

外構・エクステリアリフォームには、さまざまな方法やプランが考えられますが、より心地よい住まいとするために外構・エクステリアを検討するときのポイントをまとめました。

ゾーニング(配置)の検討

外構・エクステリアのゾーニングとは室内の間取りを考える場合と同様に、玄関アプローチや庭、裏方のスペースなど、敷地のどのあたりに、何を配置しどのくらいの広さを確保すればいいのかなどを大まかに検討しておくこととなります。

ゾーニングのポイントは、動線、視界、視線などを考慮しながら、駐車スペースや駐車台数、門まわり、玄関、アプローチ、サービスヤード、庭などを合理的に配置の割り当てをしていくことにあります。

動線をイメージ

ゾーニングと合わせて検討しておきたいのが動線となります。玄関から門扉へ、玄関から駐車場へなど暮らしをイメージしつつ使い勝手のよい動線を検討してみましょう。

動線のポイントは、頻度が高い動線の長さを短くし、異質な動線がクロスしない単純な計画とすることが大切になります。ここのポイントを押さえていないと、アプローチやサービスヤード、駐車場、庭などの使い勝手が悪く、暮らしづらい住まいになりかねないため注意が必要です。

ファサードにこだわりを

元々ファサードは、顔、正面、外観などの意味があり、建物の正面外観を差す建築用語となります(装飾的に重要であれば側面や背面もファサードと呼ばれます)。

一般的には、玄関側の道路から見た場合の建物外観となり、建物本体に加えてエクステリア要素(門柱、門扉、塀、フェンスなど)が大きく影響してきます。建物の景観にとっては重要な要素となってきますので、建物とエクステリアの調和が大切となってきます。さらに街並みとのバランスまで配慮できれば更によいファサードとなるでしょう。

フォーカルポイントの設置

フォーカルポイントは、注視点や目を引く点のことになり、人の視線を集めるために意図的に趣向を凝らしたポイントを指します。視線を集めたい場所に、置物や花壇、ベンチなどフォーカルポイントを設置すると、単調な空間にアクセントが生まれるため、全体の景観にメリハリを作ることができます。

また、シンボルツリーの植樹も有効です。シンボルツリーは、庭や家を引き立ててくれる樹木で、家のシンボルになります。樹形の良いものにすることで、建物の価値を高めてくれます。シンボルツリーを空間を印象づける存在感のある樹木とすれば、建物全体の景観美をより効果的に演出できるようになります。

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事