ウッドデッキのリフォームの費用・相場

/ 144Views

ウッドデッキのリフォームの費用・相場

屋外の多目的スペースとして人気のウッドデッキ。室内から屋外をつなげ、カフェのような気分でくつろげるアウトドアリビングとして積極的に取り入れる人が増えています。

マンションのベランダなどは、DIYでウッドデッキ設置を試みることもできますが、戸建ての場合は、家と庭の土地の傾斜などを踏まえて設置する必要があり、規模も大きいので自力ではなかなか難しいのが現状です。

DIYで挑戦したけれど、うまくいかなくて結局業者に依頼した…という人も。業者に見積もりを取ったうえで、どうするか検討するのが良さそうです。

ウッドデッキのリフォームのリフォーム費用例

▼既製品ウッドデッキの新設

参考価格:25万円~40万円程度

ウッドデッキは、大きく分けて木製と樹脂製があります。メーカーにもよりますが、木製のものが比較的安いものが多い傾向に。ただし木製は劣化しやすいので安易に飛びつかず、見積もりを取って比較検討しましょう。

▼オーダーメイドのウッドデッキ設置(木製)

参考価格:50万円程度

庭の形にあわせて、図面を作成してウッドデッキを設置。基礎工事から実施します。

▼ガレージ上にウッドデッキを設置

参考価格:240万円程度

ガレージ上の空間を有効活用した事例。2階部分にあたるところに位置するので、プライバシーが保てるのが魅力です。

ウッドデッキのリフォームで失敗しないためのポイント

ウッドデッキは屋外で雨風や日光に晒されます。そのため、劣化は避けて通れません。なるべく劣化しにくい素材選びをおこなうことがポイントです。

また、種類やサイズもさまざま。家の外観や庭との相性や植栽とのバランスもふまえた設計プランを考えることで魅力的なスペースになります。プロの業者に相談しながらプランを検討しましょう。

ポイント1 素材の特徴を踏まえてチョイスを

木製のウッドデッキは、木材ならではの風合いが魅力的ですが、一方で腐ったりシロアリに食われたり劣化しやすいのが難点です。

耐性面では樹脂製がおすすめですが、どうしても木製にこだわりたい人はハードウッド系を選ぶとよいでしょう。また、木製ウッドデッキを塗装することで、劣化を抑えることも可能です。

ポイント2 外からの視線にも配慮を

設置位置はリビング横が一般的ですが、自宅の周辺環境によって外からの丸見えになってしまうことも。目隠しフェンスを組み合わせたり、外構づくりを工夫したりすることでプライベート空間をつくり出すことができます。

ウッドデッキ単体の設置にとらわれず、外構・エクステリア全体で一度検討したうえでベストな方法を選ぶとよいでしょう。業者から見積もりを取るときは、何パターンかで依頼しておくと比較しやすく検討がスムーズです。

また、プラン内容は業者によってさまざま。複数社へ見積もりを依頼するのがおすすめです。

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事