駐車場・カーポート・ガレージのリフォームの費用・相場

/ 165Views

駐車場・カーポート・ガレージのリフォームの費用・相場

マンションではなく戸建てを選ぶ理由として、「車を所有するため」をひとつの理由として挙げる人が多い傾向があります。車の所有に必要なのが、駐車場・カーポートやガレージの設置。

雨天時の利用を快適にするだけでなく、愛車を雨風や直射日光から守ることができます。保管方法や敷地のサイズ・形状などの条件によって選ぶべきタイプが異なります。見積もりを取る際には、自宅の環境条件を伝えておすすめのタイプを紹介してもらうと◎です。

カーポートとガレージの違い

カーポートは、柱と屋根のみで、周囲を囲っていない簡易的な車庫です。一方で、ガレージは、壁で囲われおり、シャッターを閉じるとすべて格納されるものを指します。

駐車場・カーポート・ガレージのリフォームのリフォーム費用例

▼車1台分のカーポート取り替えリフォーム

参考価格:12万円~44万円程度

カーポート取り付け10万円~40万円程度とカーポート撤去費用2万円~4万円程度が、主な内訳です。

▼車1台分の既製品ガレージを新設

参考価格:80万円程度

ガレージは費用が高額であることがほとんどですが、既製品のガレージを庭の空きスペースに設置するだけであれば比較的安く抑えることができます。

駐車場・カーポート・ガレージのリフォームで失敗しないためのポイント

カーポートとガレージでは構造が異なるため、費用と密閉度に明確な差があります。それぞれ特徴があり、メリット・デメリットがあるので、事前チェックしておきましょう。

また、事前に知識として知っておくべきポイントがあるので、あわせて確認を。カーポートもガレージも大型設置物(建築物)であるため、業者への相談が不可欠です。複数社から相見積もりをとって、しっかり比較検討することをおすすめします。

ポイント1 カーポートのメリット・デメリット

メリット:工期も短く、比較的安価なのが特徴です。柱と屋根のみの構造なので、狭い場所でも設置が可能です。

デメリット:雨を防ぐことはできますが、基本的に屋根のみの構造なので、横からの風や暴風雨は防ぎきれません。まだガレージと比べて耐久性が低く、時に大型の台風などで壊れてしまうことも。

ポイント2 ガレージのメリット・デメリット

メリット:風雨から完全に車を守ることができます。また完全に囲われていた密室状態なので、防犯面で安心です。スペースの取り方によって、掃除道具やアウトドアグッズなども保管する

デメリット:費用面ではカーポートに比べて高額になります。土台づくりからおこなうので、工事期間は長期に渡ります。

ポイント3 「建物」として法令順守が必要

ガレージ(場合によってはカーポートも)は建築基準法で建築物という扱いになるため、設置の際には役所へ申請が必要です。建蔽率や容積率、採光など必要事項をプロに調査してもらい、施工から申請手続きまでお任せすると安心です。

ポイント4 ガレージは設置後の撤去費用が高額に。

ガレージは、柱・壁・天井で構成され、しっかりと囲われた建物です。土台からつくりこまれているので、増築や解体をおこなう場合、大がかりな工事が必要です。設置の際はしっかりと計画立てて取り組みましょう。

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事