庭・ガーデニングリフォーム成功の方法

/ 201Views

庭・ガーデニングリフォーム成功の方法

庭・ガーデニングリフォーム成功のために基本的な情報やノウハウ、ポイントについてまとめました。庭・ガーデニングリフォームの価格と費用についても学べます。

庭・ガーデニングリフォームのポイント

庭・ガーデニングってどのように進めればよいのか?と検討中の方に向けて基本となる情報や成功リフォームのためのポイントをまとめています。

庭のテーマ(利用目的)を考える

「四季が感じれる自然があふれる庭」「人が集い楽しめる庭」など、庭の用途には、観賞や娯楽、実用的なものなどさまざまです。しっかり目的や違いを理解した上で、庭のリフォーム・庭造りを検討することが大切になります。

庭のテーマ(利用目的)が決まることで、庭・ガーデニングリフォームの方向性を絞り込むことができるため、スムーズな庭づくりがしやすくなります。

庭のゾーニング(空間の配置)

庭・ガーデニングでは、敷地内のどこに何を配置する必要があるのかを配置(ゾーニング)する必要があります。

庭を何を主目的として利用するか、敷地の高低差、隣地や道路との関係など、さまざまな条件があるかと思いますので以下の情報を参考に検討してみましょう。

主庭、メインガーデン

メインガーデン(主庭)は、庭・ガーデニングの中でも中心となる場所で、一般的には敷地の南側や東側に設けられ、リビングやダイニングの掃出しから繋がる庭のスペースとなります。ライフスタイルによって用途やデザインが変わってくるためしっかりとした計画が求められます。

想定される主な利用用途としては、ウッドデッキやテラスなどと繋げることでアウトドアリビング(半戸外空間)として、家族が庭に出て利用する実用的な空間とする、花壇を設けたり植栽によりガーデニングをおこない観賞することを主な目的にすることなどが考えられます。

※用途の例:アウトドアリビング、ガーデニング、バーベキュー、テラスでお茶会、洗濯物干し、子供の遊び場、愛犬の遊び場など

前庭、アプローチ

庭・ガーデニングにおけるアプローチは門扉から玄関までの通路とその周辺を指します。

来客などの際には、門扉からアプローチ、玄関までの道のりで住まいの第一印象が決まってきますので、外観デザインでも特に大切なポイントとなります。敷石や植栽など工夫をこらして、来客をもてなせる室の高い空間を目指しましょう。

裏庭、サービスヤード

建物の勝手口からつながる庭やアプローチスペースとなり、一般的には敷地の西側や北側に設けられることが多いようです。

主要な利用方法では物置を置いたり、屋外での作業スペース、自転車置場(サイクルポート)、物干し場などとなることが多いようです。実用的な空間となるため、内容に合わせて、広さ、日照、動線、外からの視線などを検討する必要がある場所となります。

駐車スペース

駐車スペースは、所有車種のサイズや駐車台数、駐車場前の道路の幅によって決まってきます。通勤で車を利用していれば毎日利用する場所となりますので、アプローチやサービスヤードとのスムーズな動線のつながりを検討する必要があります。

その他(坪庭、中庭)

坪庭や中庭は、建物や塀などで囲まれた比較的狭い庭を指します。室外機置き場や物置となる場合もありますが、工夫次第では狭くても趣のある庭を造ることも可能です。

庭・ガーデニングのプランニングのコツ

ライフスタイルに合わせて庭・ガーデニングのポイントを検討することで、生活の質を向上させることが可能です。

視線を集める「見せ場」をつくる(フォーカルポイント)

道路からみた玄関、庭の入口から見える場所、リビング・ダイニングから見える場所、アプローチから見える場所など視線が集まりやすい場所に特徴的なものを設置することで、シンプルでもメリハリのある見栄えのよい庭とすることができます。

特徴的なものの例としては、シンボルツリーや花壇、ガーデンベンチ、個性的なオブジェ、ちょっと凝ったものになれば和風な庭であれば灯篭や蹲(つくばい)、洋風の庭なら壁泉などが考えられます。

限られたスペースを活かす

都市部のため庭スペースにゆとりがない場合でも、鑑賞目的で趣のある坪庭を作成、バルコニーにウッドデッキやタイルを敷設し季節を感じれる空間とする、ウッドデッキを設置して素敵なアウトドアリビングに、など工夫次第で庭の楽しさが満喫できます。

敷地が十分にない場合は、庭だけで考えずに庭とリビング・ダイニングで1つの空間として考えてみることで考え方の幅が広がってきます。どのように工夫すれば快適な暮らしができるかが庭・ガーデニングの楽しみ方のポイントです。

植栽のポイント

植栽をすることで、四季の自然の色や香りを感じることができ、暮らしに華やかな彩りを演出してくれます。

また、南側に落葉樹を植樹すれば、夏には強い日射しを遮ることで家との間に木陰をつくり、冬には葉が落ちることで暖かな陽射しを室内に招き入れるエコなライフスタイルを実現することができます。

また、植栽により敷地外部からの視線を遮ってくれるためプライバシーの確保をすることができます。

庭・ガーデニングリフォームの情報・トピックス

庭・ガーデニングリフォームの価格傾向

主な価格帯:10万円~100万円
庭・ガーデンニングリフォームの価格傾向としては、庭に砂利の敷設や芝生を貼り付けなどであれば10万円ほど、テラスやウッドデッキの設置であれば50万円ぐらいまで、大規模な庭の造成を実施すると100万円以上となる傾向があります。

庭のリフォームでは観賞用とするのか実用的に利用するのか目的をハッキリさせておくと庭・ガーデニングリフォームがしやすくなります。

庭・ガーデニングリフォームの価格と費用を見る

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事