リフォーム全体の流れを知っておこう(1)

/ 477Views

(1)現在の住まいの不満・不便な点をチェックしよう

リフォームしようとしている家のどんな点が不満なのか、どんなところに不便を感じているのかをチェック。
間取りや内装・外装、設備の不満・不便はもちろん、「耐震性が不安」「断熱が低い」などの構造に関することも確認しましょう。

(2)リフォームの場所、目的、期限を明確にしましょう

家族みんなの意見を出し合いながら、どの場所を、どんな目的でリフォームしたいのかを決めましょう。

例えば、古くて使いづらい設備を一新するために浴室をリフォームしたい、家事をしやすくするためにキッチンと洗面室まわりの間取りを変えたい、など。
後に予算との関係で調整が必要なときのことを考え、優先順位を明確にしておくこともポイントです。

さらに、おおよその期限も明確に。夏休みの間に工事をしてほしい、年内に終わらせたいなどの要望がある場合は特に重要です。

(3)希望のリフォームに合わせ、情報収集をしましょう

最近のリフォーム事情を知るためにも、希望するリフォームについての情報収集をしましょう。インターネットや雑誌、各社のパンフレットなどを活用したり、モデルハウスやショールーム、現場見学会に赴いたり。

インターネットでは、いくつもの会社の得意・不得意分野や、リフォーム費用の相場、どんなリフォームができるのかなどを比較検討できるうえ、好きな時間・場所で情報収集できるというメリットがあります。

(4)おおよその予算をきめましょう

希望するリフォームの規模や内容に合わせ、おおよその予算を確認しましょう。上限はここまで、と決めておけば、リフォーム会社に見積りを頼むときの目安にもなりますし、後に大きな予算オーバーをしてしまう失敗も防ぐことができます。

解体してみたら構造体の補修が必要なことがわかって別に費用がかかる場合もあるので、予備費をみておくことも必要です。また、リフォームにも印紙税や不動産取得税、消費税などの税金がかかることも忘れずに予算に組み込んでおきましょう。

(5)情報を整理してリフォーム会社を絞り、問合せをする

リフォームの場所や目的・予算が決まったら、その希望をいちばんいい形で実現してくれる会社を探します。集めた情報や評判を参考に、見積りを依頼する会社を数社選んで問合せをしましょう。

問合せの方法は、電話やメール、直接の訪問など、いろいろ手段はありますが、できれば電話などで会社の方と直接話をすることがおすすめです。対応の仕方や質問内容の的確さも、依頼先を決める手がかりのひとつと考えましょう。

 

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事