優遇税制や補助金でおトクに

/ 220Views

(1)耐震やバリアフリー工事で税金控除

一定の要件を満たす耐震、バリアフリー、省エネのリフォームを自己資金で行った場合、かかった費用の10%が所得税額から控除される優遇制度があります(2010年10月現在)。ただし、耐震の場合は、この優遇制度を行っている市区町村に限られ、工事内容に条件があります。また、5年以上のローンを利用して、バリアフリーおよび省エネの工事を行った場合は、確定申告をすることで年末ローン残高の一定割合が5年間、所得税額より控除される制度もあります。詳しくはリフォーム会社に相談するといいでしょう。

(2)耐震リフォームや太陽光発電導入で補助金

多くの自治体で行われているのが、耐震リフォームに対する補助金制度。昨今注目度が高まっている「太陽光発電システム」の設置でも補助金が利用できます。また、高効率な電気給湯器やガス給湯器、家庭用燃料電池などの導入でも、補助金の利用が可能。在宅の要介護・要支援の認定を受けている人が手すりの取り付けなどの一定のリフォームを行うと補助金が出る制度もあります。これらについても各種条件や金額、申し込み等に違いがあるので、リフォーム会社に相談することをおすすめします。

 

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事