建て替えかリフォームかの判断ポイント

/ 184Views


ある程度の築年数が経ち、改善したいと感じる箇所が増えてくると、建て替えかリフォームかという悩みが出てきます。判断の目安になるポイントをあげてみます。

(1)使える部分がどれだけ残っているか

よい材料を使い、しっかり建てられている家であれば、基礎や土台、柱や梁などをそのまま使えるケースも少なくありません。逆に、基礎の劣化や沈下、構造的に重要な部分の腐食や傷みは、補修にもかなりの費用がかかります。

ポイントは、どれだけ使える部分が残っているのか、補修が必要ならその費用はどのくらいかを把握すること。まずはしっかり調査をしてもらい、見積りを取る際には、「あと何年、この家に住みたいのか」をはっきり伝えましょう。

(2)希望のプランでの見積りをとる

「リフォーム」でも間取りの変更は可能ですが、構造上の問題などあればリフォームでは対応が難しい場合や、建て替えと変わらない費用がかかってしまう場合があります。

「建て替え」はプランの自由度が大きいのがメリットですが、建物本体の費用だけでなく、解体・処分費用や仮住まい・引越し費用、登記費用などが必要になります。こうした諸費用も含めた総費用や希望するプランへの対応力を「リフォーム」か「建て替え」かを、比較検討することが大切です。

(3)土地の規制を確認しておく

現在住んでいる家が建った後に建築基準法や地域の条例が改正されたことで、増築リフォームを考えている場合でも「建て増しができない」というケースがあります。まずは自分の家が建っている土地に、現在どのような規制がかかっているのかを確認しておきましょう。市区役所に出向けば調べることができます。

マンションについては、管理規約を確認しましょう。また、リフォーム会社に希望のプランを伝え、法規制も含めて実現可能かどうかを調べてもらう方法もあります。

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事