情報の集め方

/ 223Views

リフォームの目的や内容が明らかになったら、それを形にするための具体的な情報を集めましょう。

(1)たくさんの事例を見る

まずはたくさんの事例を見ることがおすすめ。いろいろな事例を見るうちに、「こんなインテリアのイメージが好き」「こういう暮らし方がしたい」といった、希望のイメージが具体的・明確になってきます。そこで便利なのが、リフォーム専門サイトの活用。いろいろな会社の事例の写真や間取図、費用を比較検討でき、気になる会社には資料請求をするなどのアクションも起こせます。

会社によっては現場見学会などのイベントを行っているところもあるので、積極的に出かけて体感することもおすすめです。設備機器については、ショールームに行き、実物を確認するとよりイメージがわき、最新の機能などもチェックできます。

(2)資料を取り寄せる

専門のサイトや雑誌がたくさんの会社や事例が見られるのでおすすめです。「好みが合う」「イメージに近い」などをポイントに会社に資料請求をしましょう。会社の案内だけでなく、実例集や工法などの技術的なこだわりなどを解説した資料などももらうといいでしょう。

(3)口コミも大きな情報源

実際にリフォームをした友人・知人から「満足したポイント」や「こうしたらよかった」のナマの声を聞くこともお勧めです。できれば、お宅にお邪魔して、実際のリフォーム箇所を見せていただきながら、どんなリフォームが行われたのかの話を聞くと実際のリフォームのプランづくりに大いに役立ちます。

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事