契約時のチェックポイント

/ 265Views

リフォームを行うときは、契約書のほかにも、書面でしっかり確認しておかなければいけない事柄があります。

(1)工事内容は別の書類で確認する

契約書には、どのような内容の工事をするのかまでは詳しく書かれていません。契約の際には、契約書を一緒に工事内容を記した「見積書」「図面」「仕様書・パース図」など、工事の規模によって必要な書類を添えてもらい、その書類どおりに工事を行うという形で契約を結びます。口約束ではお互いの勘違いや忘れてしまうこともあるので、どんな小さな工事でも書類にしてもらうことが大切です。

(2)金額、工事期間などをチェックする

まずは見積書と契約書の金額が合っているかどうかを確認します。契約書には支払い方法も書かれています。「契約金」「工事着手金」「完了金」など、いつの時点でいくら払うのか、支払い方法と共に確認しましょう。

また、「工事開始時期」と「工事完了時期」に日付が書かれているかどうかも要チェック。工事が延びて仮住まい代が多くかかってしまった場合、この日程が明記されてないと費用負担のトラブルのもとになりかねません。細かい部分もしっかりと確認しましょう。

(3)約款には大切なことが書いてある

約款書には、細かい文字で「工事請負契約約款」が書かれています。ここには工事保証についての記載、契約どおりに工事が終わらなかった場合のペナルティ、逆に支払いを行わなかった場合のペナルティなどが書かれています。どれも重要なことですので、面倒なようですが、契約前にこの書面に必ず目を通すようにしましょう。

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事