キッチン・台所の収納について

/ 170Views

キッチンリフォームで検討しておきたいキッチン・台所の収納についてのコツや基礎知識を学ぶことができます。

キッチン・台所の収納について

キッチンには調理器具や電子レンジやオーブンなどの家電製品、食器や洗剤など、形状や大きさ、用途が様々な道具が集まります。そのためどこに何を収納するかを事前に検討しておくことが大切となってきます。

また、キッチンの収納次第では、キッチンのスタイルや配置方法などにも影響がでてきます。スペースは十分にあるのか、配置や機能は他の要素と組み合わせて最適になっているのかなど・・。収納の充実度によってキッチンの使い勝手や見た目は大きく変わってくるとなります。このように、収納はキッチンリフォームにおいて重要は要素となっており、行き当たりばったりで収納を作成していると、リフォームの失敗原因ともなりかねません。

キッチンの収納計画

キッチンリフォーム前に計画したいのが、現在あるものの中で何を継続して何を新しく購入する予定なのかリスト化しましょう。 新しいキッチンに利用するもののリストができたら、次はそれをどこに収納するかを計画します。頭の中だけではイメージしづらい場合は、設計図や間取り図などと照らし合わせながら考えるとやりやすいでしょう。

合わせて考えておきたいのが収納を利用する時の動線で、キッチン収納を使うときの移動距離が最適になるように検討しましょう。また作業スペースや通路の確保も重要な要素で幅を90cm以上は確保するようにしましょう。このように収納に関して実際の利用方法をイメージして計画を練ることで、必要となる収納のサイズや配置方法が考えやすくなります。

キッチン収納とキッチンスタイルの関係

セミオープンやオープンスタイルのキッチンは、リビングやダイニングとの一体感と開放感があるキッチンスタイルとなりますが、収納確保のために吊り戸棚を付けてしまうと折角の利点が損なわれてしまいます。また、カウンタートップに物を置きすぎれば雑然とした雰囲気となりますし逆に何もないと無機質で個性のないキッチンとなってしまいます。このように収納方法のちょっとした考え方1つで、キッチン全体の印象に影響がでてくるようになります。

キッチン収納のアレコレ

キッチン収納にも様々な種類がありますが、代表的なものから最近のシステムキッチンに備え付けられている便利なものまでご紹介します。

吊り戸棚

吊り戸棚はデッドスペースとなりがちな上部の空間を有効利用する収納なのですが、結局高い位置にあるため使いづらく有効利用できずに使わないものがそのまま放置して収納されるだけのスペースというケースも多いようです。リフォームで検討したいこととしては、吊り戸棚が自然な動作で利用できる範囲にあるかどうかとなります。吊り戸棚の下端が目の高さより少し下くらいまでにすることができれば、出し入れしやすく使いやすくなります。また、費用はかかりますが、電動昇降式の吊り戸棚を取り付ければ使う時だけ下げれるため便利な収納とすることもできます。

シンク下収納

シンク下の収納スペースは高さがあるため結構広さがあります、単純に鍋などを積み重ねると使いづらくなってしまうため、棚やラックなどを設置したり引き出し式の収納にすることで使い勝手を向上させることができます。またビルトイン型の食器洗い乾燥機などを設置される方も増えてきています。

床下収納

床下の空間を利用して、設置される収納庫のことをいいます。キッチンでは、調味料や野菜、食品ストック、などこまごましたものを収納しておくのに役立てることができます。

パントリー

パントリーとは、食品や食器などを置くための収納庫のことで、奥行きの浅いスペースに、棚を細かく設置した、一目で見渡せる形のものが多く、缶詰めや調味料、キッチンまわりの掃除用具などを置くのに便利です。

背面キャビネット

キッチンとリビングが一体化した間取りでは、収納も統一感を意識したものにすればまとまりの感じられる空間とすることができます。特に目につきやすい背面キャビネットには白や木目調などを用いるケースが多いようです。また、利便性を図るのであれば食器戸棚と家電収納のキャビネットが一体となった物もよいでしょう。

対面キッチンユニット・リビング収納

対面キッチンとリビングの収納を一体化させるタイプにすることで、リビングにあふれがちな小物をしまえる大型の収納やデスクを設置することができます。

インテリアゲートキッチン

カウンタースタイルキッチンの開放感をそのままに、上下にも受けたゲート構造内に収納できるアイレベルの棚を搭載したタイプのキッチン。必要に合わせ収納を目の高さに下げて利用できるタイプもあります。収納力と開放感という、機能性とインテリア性を両立させた新感覚のキッチンとなります。

スマートステップ対面

オープン型のキッチンでありながら、適度な高さのパネルによりカウンター内への視線を遮ることができるため、リビング側からスッキリ見えるようになります。キッチン側の立ち上がり内面にはフックやふきん掛け、コンセントなどが備えられています。

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事