マンションのキッチンリフォームの費用・相場

/ 164Views

キッチンリフォームにおける考え方は、キッチン本体(部材)の価格+工事費で構成されます。大きく分けて、既存のキッチン形状と異なるものに取り替えるケース、キッチンだけを取り替えるケース、コンロをIHクッキングヒーターに変更したり食器洗い乾燥機を導入したりする部分的な変更のケースの3つが挙げられます。水回りは工事規模によって影響範囲が異なり、金額も大きく異なるので注意が必要です。

マンションのキッチン・台所リフォーム事例

壁付け型キッチンをアイランド型システムキッチンに変更


参考価格:100万円~400万円程度
既存のキッチンを撤去し、新規のシステムキッチンを導入します。キッチン本体価格は、グレードによって価格が異なりますが、50万円程度~。このケースの場合、給排水管の移設や排気用ダクトの工事、照明交換や食器洗浄機導入による電気工事、床・壁などの補修工事など、さまざまな工事費がかかってくるので、100万円以上かかるケースがほとんど。事前の見積もり取得をおこない、かかる経費をチェックしておきましょう。

老朽化したキッチンを最新のシステムキッチンに変更


参考価格:約50万円~200万円程度
キッチンを取り替える工事費用は、20~30万円程度が相場です。設置位置を変更しないので、給排水管工事は不要となります。ただし、給排水管が老朽して錆びやカビが発生しているケースもあります。その場合は、位置を変更しなくても管の取り換え検討をおすすめします。リフォーム見積もり時にプロに相談し、配管チェックをお願いするとよさそうです。

IHクッキングヒーターに交換
参考価格:約10万円~50万円
IHクッキングヒーターの本体価格は10~30万円に加え、設置工事費用の5万円前後が必要になります。

ビルトイン型の食器洗い乾燥機を設置
参考価格:約10万円~20万円
現在使用しているキッチンにビルトイン型の食器洗浄機を設置します。工事自体は比較的容易で半日程度で完了します。

マンションのキッチンリフォームで出来ること・出来ないこと

マンションの建物構造によっては、キッチンリフォームでキッチン設備や機器の取り換え、場所の移動などが行えないケースが往々にしてあるので注意が必要です。
例えば、機器の変更では、IHクッキングヒーターの導入です。近年、お手入れのしやすさや安全性の観点から、コンロをIHクッキングヒーターに取り換えを希望する人が増えています。一見簡単に取り換えできそうですが、IHクッキングヒーターには200V程度の電力が必要です。
古い築年数のマンションでは、自宅で使用できる電力量が決まっており、供給量が制限されてボルト数を上げることができません。その場合、IHクッキングヒーターの導入ができなくなります。もし、物件購入前であれば、注意してチェックしておきましょうが。また、キッチン位置の変更では、共用設備として設置されている給排水管や排気口の位置が大きく影響してきます。例えば、階下の天井裏に給排水管が通っている建物では、給排水管を動かすことが根本的に難しいため、キッチンの位置変更は物理的に難しくなります。
ほかにも、排気口が天井ではなく壁についているケースでは、既存のレンジフードの背中部分に排気口がついているため、使用できるレンジフードの形状が限られます。そのため、使用したいデザインのレンジフードが使えないことも。特に、キッチンリフォームでは、建物の床下や天井裏の構造を事前にチェックしたうえで計画を立てることが必要です。配管関連は、一般人では判断できないことが多いので、必ずプロに相談して確認してもらいましょう。

マンションのキッチンリフォームをする際の注意点

キッチンまわりのリフォームでは、給排水管や排気ダクトなどの配管状況が非常に大きく絡んできます。マンションでは戸建てと異なり、建物に設置されている給排水管位置と排気ダクト位置に大きく影響され、その既存位置と、新しくリフォームして設定したい位置の内容で、費用が大きく変わります。特に、キッチンの位置を変更したい場合は、どの範囲まで変えることができるか事前にプロにチェックしてもらうとよいでしょう。移動させたい距離が長いほど費用は高くなり、距離が短いほど費用は抑えられる傾向にあります。プロにチェックしてもらうと同時に見積もり相談も欠かせません。配置の工夫次第で、コストを抑えることも可能になります。
また、キッチンにとって大事な役割を持つ給排水管は、水を流すための勾配が重要です。配置位置と排水溝との位置関係によって、管に勾配をつけるため床を高くしなければならないケースもあります。その場合、床を上げるため自ずと天井が低くなり、空間が狭くなってしまうというデメリットが発生します。また、換気扇の位置を移動させる場合は、既存の排気口にダクトを伸ばして設置するため、配置計画をしっかり検討する必要があります。いずれにしても、プロによる現地確認がリフォームする上で重要になってきます。

見積もりポイント

依頼する業者によって、メーカーのシステムキッチンの仕入れ価格や割引率などが異なってくるので、複数社から見積もりを取って検討することをおすすめします。使いたいメーカーが決まっている場合は、そのメーカーの仕入れを得意とする業者に依頼すると、費用を安く抑えることができます。
また、間取りや配置変更を行う場合は、排気ダクトや給排水管からなるべく近く、かつ配管類が効率よく設置できる場所を見つけられると、リフォーム工事費用は安価で抑えることが出来ます。クローズキッチンを対面式のオープンカウンターにする場合、もともとのキッチン位置を活かしながら、囲われた壁や棚などを取り外すと、開放的な対面式を実現させつつ、配管移動が最小限でおさめることができます。
また、リフォーム後の一定期間、リフォーム会社がリフォーム箇所の保証をおこなっているので、無料で対応してもらうことができます。また、設備関連はほとんどの場合、メーカーによる保証期間がありますが、それに加えて、リフォーム会社が独自に追加保証期間を設けている場合もあります。リフォーム会社を検討するときは、価格だけでなく、保証内容も忘れずチェックし、比較検討項目として挙げておきましょう。

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事