ガスコンロ vs IHコンロ・クッキングヒーター

/ 152Views

調理器を選ぶ基準は?

キッチンは主に料理をするための場所となるため、加熱調理器の選び方が大切になってきます。加熱調理器は調理器のエネルギー源によって大きくガスコンロとIH調理器(IHコンロ、IHクッキングヒーター)があります。ガスの場合は引火の危険性がありますが、火力が強く微妙な火加減の調整が容易なため料理が好きな人には適しています。一方でIH調理器となると火を使わないため安全性が高いことに加えて構造もシンプルなため掃除もカンタンとなります。とはいえ、最新の調理器であれば、ガスもIHもそれぞれの特長を活かす機能やデメリットを補う仕組みが搭載されていますので、どちらを選んでもよいでしょう。とことん迷って、自分たちに最適なスタイルを選ぶようにしましょう。

お手入れのしやすさは?

ガスコンロ
IH調理器と比較すると五徳が構造上外せないため手間はかかってしまいます。しかし、最近のものでは溝のないパネルや、温度上昇を抑える高性能な特殊パネルで焦げ付きを抑えられる工夫がされているため、お手入れのしやすさは高まってきています。
IH調理器(IHコンロ、IHクッキングヒーター)
完全にフラットな構造となるため、汚れが気になったらサッと拭き掃除ができるのが便利。とはいえ、油断して汚れを放置しつづけたり鍋底を汚れたままとしていると黒いこびりつきが発生することも。掃除はカンタンですが、こまめなお手入れを心がけるようにしましょう。

安全性は?

ガスコンロ
各種センサーにより火力を自動調整して安全性を高める機能が搭載されている。たとえば、鍋がない状態では点火せず鍋を持ち上げれば弱火に自動調整、また地震などを感知すれば自動消火する機能などがあります。また火を使って調理するため子どもたちに料理を通して火の怖さを伝えることができるのガスコンロならでは。デメリットしては各種対策が施されているとはいえ、火が直接でるため引火や火傷といったトラブルが懸念されます。
IH調理器(IHコンロ、IHクッキングヒーター)
炎がでないため衣類や周囲への引火の心配もなく、ガスコンロと比較して高齢者や用事でも安心して利用できます。また、危険防止のための機能も多数搭載されているため、空焚きや立ち消えの心配も少ないです。ただし、炎がない故に熱の実感がわきづらく鍋本体や使用直後のプレートが高温となっていることに気づきにくいこともありますのでご注意を。

 

操作性は?

ガスコンロ
ガスコンロなら調理器具や形状も選ばないため、料理の幅がひろいことが特長。料理好きの人が選ぶ傾向があります。
例えば、フライパンや中華鍋などで料理していれば前後に動かして調理を行う”あおり”ができます。天ぷらを少量の油で揚げる、中華鍋を使用するなど目的に合わせた調理器具を自在に使えます。
IH調理器(IHコンロ、IHクッキングヒーター)
火加減を数値による管理できたりタイマー設定ができるなど、調理の手間軽減や正確性ではガスコンロを一歩リードしています。料理のレシピどおり設定できれば失敗なく調理することも可能です。 デメリットとしては、土鍋を使用できなかったり、天ぷらを揚げるためには天ぷら専用の鍋が必要であったりなど、鍋の形状や材質に制限があるため、不便さを感じることもあります。また、電気を使用するため同時に2つ以上のヒーターを使用する場合は、少消費電力を超えないように火力を自動制御する場合もあるため、効率よく料理をすることが難しい場合も・・。

結局、どちらがよい?

ガスコンロ、IH調理器(IHコンロ、IHクッキングヒーター)それぞれにメリットやデメリットがありますので一概にどちらが良いとはいえませんが、お手入れのしやすさを中心に考えるのであればIH調理器、料理自体を楽しむことを中心に考えるのであればガスコンロのほうがメリットが大きくなってくるのではないでしょうか?とはいえ、暮らし方一つ一つで最適なカタチは変わってくるかと思いますので、ライフスタイルに合わせてガスコンロかIH調理器のどちらがよいか検討されることをオススメします。

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事