キッチンスタイルから最適なスタイルを選ぶ

/ 158Views

キッチンのスタイルについて

最適なキッチンスタイルは使い手のキッチンに対しての利用方法によって異なってきます。例えば、お客さまなどを入れたくない場合や料理に集中したい場合はクローズドスタイルの独立型キッチンが最適ですが、家族や友人など大人数で料理を楽しみたいなど開放感を求めるならオープンスタイルやアイランドスタイルが適してきます。

オープンスタイルやアイランドスタイルなどリビングやダイニングと一体化するような開放的なスタイルの場合は、デザイン性が優先されるため、収納スペースが不十分であったり、調理台と収納の位置関係が不便だったりする傾向もあるようです。ただ、そのあたりも効率よく収納するなど工夫一つでなんともなりますので、最終的には利用される方の性格や利便性に合わせて最適なスタイルを選ぶとよいでしょう。

以下は、キッチンスタイル別の特長とそれぞれの、メリットとデメリットになりますので、ご自身のライフスタイルと合わせて最適なものを検討してみてください。

クローズドスタイル(独立型)

独立した空間にキッチンを配置するため、開放感には欠けるものの料理や家事に集中しやすい環境。また、調理中のニオイが他の部屋に拡散しづらいことや、お客さまにキッチンの中を見られる心配がないこともメリット。その一報で、家族とのコミュニケーションが図りづらく、一人で寂しく作業をする空間となりがちになるので、会話がしやすい間取りにするなどの工夫ができるとよいでしょう。

オープンスタイル

家族が一緒に料理を楽しんだり、会話を交わすなど気軽にコミュニケーションを図れる場として最適なスタイル。フラットなカウンターをメインとしたスタイルでカウンターの上部に視界を遮るものは設置しないため、リビングとの一体感や開放感があります。ただし、料理のニオイなどがリビングに拡散してしまうため高性能なレンジフードの設置や、リビングから丸見えとなっても問題のない収納を容易するなど工夫をする必要がでてきます。

セミオープンスタイル

クローズドスタイル(独立型)とオープンスタイル(対面型)の両方の利点を兼ね揃えた、最も人気のあるスタイルです。カウンターに立ち上がりを設置すれば、リビングとの様子を伺ったり会話と楽しめる一方で、手元を隠せるため料理に集中ができます。また、コンロ前に壁を設置すれば湯煙がリビングなどに拡散することを防げます。オープンスタイルと比較すると開放感が落ちて狭く感じますが、散らかりがちなシンクまわりをリビングから隠すことができるスタイルとなります。

アイランドスタイル

アイランド(島)の名前のとおり、キッチンを壁に接することなく、島のようにキッチンカウンターを据えたスタイルとなります。多方向からキッチンにアクセスすることができるため、ホームパーティーや料理教室など大人数での作業に適しているといえます。また、多くの人が接するため実用性と共に高いデザイン性も求められます。

設置のためには、広い面積が必要となってくるものの、キッチン本体の収納力は高くないため、収納方法をどのようにするかも検討することが求められてきます。

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事