レンジフード・換気扇の選び方

/ 169Views

レンジフード・換気扇の機能

キッチンリフォームで、システムキッチンを選ぶ際に気になる設備の1つレンジフードがあります。換気扇は大きくて、うるさくて、掃除が手間というのは昔の話で、最近の換気扇・レンジフードは排気するだけではなく給気機能が備わっていたり、掃除が楽な設計になっていたり、換気音が静かになるように設計されています。しかも見た目もスタイリッシュになってきています。特にキッチンのスタイルが、オープンスタイルやセミオープンスタイルのキッチンの場合は、調理による油煙がリビングなどに拡散してしまわないように、しっかり吸引してくれる排気力の強くて静音性を兼ね揃えたタイプを選ぶようにしましょう。

換気方式による違い

レンジフードの換気方式には「プロペラファン」「シロッコファン」の、大きく分けて2つのタイプがあります。

プロペラファン

プロペラファンは、扇風機のような形の羽根をした換気扇のことで、価格も手頃でシンプルな構造かつ換気量も多いため一戸建て住宅を中心に多く採用されています。
ただし、排気機能(プロペラファン)が室内にむき出し状態となるため、風量によって騒音が大きくなるデメリットがあります。また、外部に直接取り付けるため、外の風の影響で排気機能が損なわれやすいため、気密性の高い建物や高層階への設置は適していません。更に、プロペラを使用していない場合でも外部からの風が入ってきたり外部の音が聞こえる場合もあります。

シロッコファン

シロッコファンは、台所などで使用されるレンジードファンの一種。静圧(吸い込む力)が強く、音が静かで、効率がよいため電気料等が安価になります。また、ダクトを通して自由な方向に気流を調整することができるため、プロペラファンと比較して、屋外の風の影響を受けることが少なくなります。各キッチンメーカーにて、オプションとして選べるレンジフードの多くが、このシロッコファンとなります。 利用されている場所としては、直接屋外に廃棄できな場合にキッチンを設置する場合や外部の風の影響が強くなる高層マンションなどで用いられる事が多くなります。一般の住宅などでも最近はダクト排気式のシロッコファンを主流として使用されはじめているようです。シロッコファンのデメリットとしては、高価なことに加えて、羽根が何十枚もあり羽根と羽根の間が狭い構造となっているため掃除をする時に手間がかかってしまいます。

最近のレンジフードの便利な機能

最近のレンジフードはただ排気をするだけではなく様々な便利な機能が搭載されています。

コンロ連動機能
コンロやグリルを点火すると、レンジフードが自動的にオンとなり、消化すれば自動的にオフとなります。換気ファンのつけ忘れや消し忘れに対応することができます。コンロとレンジフードが別々のメーカーの場合は連動しなくなる場合がありますので、キッチンメーカーを揃えるようにしましょう。

同時給排気
キッチンに設置されるレンジフードは換気能力が他の設備と比較して高いため、排気だけのレンジフードを使用すると、室内の空気がレンジフードに集まるため換気計画が上手く実行出来ない場合があります。そこで、レンジフードの排気に見合った給気をレンジフードを送り込むことで、バランスを調整しています。高気密住宅などでは、特に意識をする必要がある機能となります。

熱交換型レンジフード、気調換気扇
冷暖房により快適となった室温を維持するために、冬であれば冷たい空気を予熱してから給気するなど、外気を室温に近づけてから新鮮な空気を室内へ取り入れる仕組みです。排気の際に汚れた空気と一緒に捨てていた熱を給気時に回収して室内に戻すため、熱効率がよく省エネ効果により冷暖房費の節約が期待できます。

お手入れが楽なものがオススメ

レンジフードのメンテナンスで特に大変な事が油汚れなどのお手入れ方法となります。各メーカーからに掃除などの手間を減らすために、フィルターを不要なタイプにしたり、できるだけシンプルでフラットな形状のタイプ、表面に親水加工が施されており汚れが落としやすいなど工夫を凝らした商品が発売されています。以下は、最近の各メーカーより発売されているレンジフードに備えられているお手入れを楽にしてくれる機能のご紹介です(順不同)。
※情報は調査時点のもので最新性を保証するものではありません。最新情報につきましては各メーカーHPよりご確認ください。

サイクロンフードIII(トクラス)
レンジフードの局面に沿って上昇した油煙を、案内板の曲面形状によって水平の渦巻き状態にキープ。その後、フィルターを通じスムーズに排出されます。要のフィルターは親水性塗装なので、ぬるま湯に付けておくだけでスッキリキレイになります。また、オイルトレーも低い位置にあるため取り外しが簡単で、お手入れが楽々です。

ラクリーンフード(LIXIL)
LIXILから発売されている、フィルターのないレンジフード。フードの内側も外側も油がこびりつきにくいフッ素加工がされているため、お手入れもラクラクです。

ゼロフィルターフード(TOTO)
名前のとおりフィルターのないレンジフードで、面倒なフィルター交換や掃除から開放します。フィルターの代わりにファンの遠心力により排気中の油分を分離し、オイルパックに溜める仕組みとなります。フィルターがないため掃除も、整流板を拭くだけなためとても手軽となります。

洗エールレンジフード(クリナップ)
給湯タンクにお湯を入れて約10分で自動洗浄してくれます、フィルターの汚れまでキレイにしてくれるため、月1回のお手入れで約10年間はフィルターを取り外さなくてもよいとの優れもの。静音設計となるためオープンタイプのキッチンでも音を気にせず使用することができます。

おそうじラクフード(INAX)
油煙をキャッチするために必要不可けるだと思っていたフィルターが不要で、さらに掃除がしやすいように凸凹や溝が少なく拭きとりやすさを追求しています。全体がフラットな形状で掃除の手間がかなり省けて非常に便利。

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事