マンションリフォームの価格・費用相場

/ 152Views

 

価格の目安:約100万円~1500万円

約1000万円以上で可能なマンションリフォーム事例

▼子どもの独立をきっかけに、マンションを開放感がある間取りへ

参考価格:約1000万円

子どもが独立し、3LDKのマンションをより開放感にあるものへしたいとリフォームをする想定となります。

寝室以外の壁は撤去、客間は開閉扉で必要に応じて対応、独立型のキッチンをセミオープン型とするなど、可能な限り壁を撤去することで開放感があふれるLDKとなります。

▼バリアフリー視点でマンションをフルリフォーム

参考価格:約1000万円

定年退職を機に以前から気になっていた老朽化した配管を改修することと合わせて、間取も同時に大規模リフォーム。光と風を室内に取り込めるような間取りに工夫しています。

また、より快適で充実したセカンドライフのための準備を徹底。これからの暮らしを考え、洗面・浴室・トイレの出入口は引き戸を採用。玄関土間や畳コーナーの高さも高さを抑えるなど加齢に伴う配慮設計をしまたイメージです。

▼スケルトンリフォームで海外のホテルのような雰囲気に

参考価格:約2500万

希望をすべてかなえたスイートホームにしたいとの要望から、住居の構造だけを残すスケルトンリフォームで間取りを一新、海が望めるロケーションを最大限に活かしオープンなLDKを中心に快適空間を作成した想定です。

品質には徹底的にこだわり、寝室やバスルーム、洗面室などを海外のホテルを思わせるような高級な仕上がりとしています。

その他、1000万円以上のマンションリフォーム事例を見る

約500万円~1000万円で可能なマンションリフォーム事例

▼マンションをペットが喜ぶ空間へ

参考価格:約600万円

子どもが独立したことをきっかけに、ホテルのスイートルームのような空間へとリフォーム。間仕切りなどを可能な限り撤去し一体感のあるLDKとして、オープンで開放感のある住まいに仕上げています。

また、ペットの犬を室内で飼っているため、犬の脚に優しく傷がつきにくいフロアタイル、吸放湿・防臭効果のあるエコカラット、侵入防止柵などを採用し家族の一員である愛犬と共に暮らせる空間を創造した想定です。

▼マンションを定額リフォーム

参考価格:約700万円

中古物件購入後にフルリフォームする場合は、施工する面積が広く導入する設備も多いため見積もり内容も複雑になってきます。そこで最近では定額制のリフォームをする会社が増えてきました。

定額制リフォームの場合は、リフォーム面積に単価をかけて総額が算出できる明瞭な価格設定がされています。基本となる標準的な仕様であれば1平方メートルあたりの単価は10万円前後で施工可能です。

とはいえ定額なのは基本プランの中だけでIHクッキングヒーターや珪藻土、壁面収納などこだわりを実現するためには追加オプションとなるようです。定額制リフォームを利用する際には標準仕様の内容とあわせてオプション価格も比較しながらリフォーム会社を選ぶとよいでしょう。

その他、500万円~1000万円のマンションリフォーム事例を見る

約200万円~500万円で可能なマンションリフォーム事例

▼クッキングステージのようなキッチンが主役のリフォーム

参考価格:約500万円

キッチンをリフォームの中心に据えた事例となります。空間を遮るものがないワンルーム感覚のLDKを実現し、明るいオープンキッチンが魅力な開放的な空間としました。

キッチンをダイニング側からみるとまるでクッキングステージのようにみえるつくりにするなどこだわりも実現したイメージです。

▼中古マンションを購入してリフォーム

参考価格:約450万円

中古マンションを購入してから、リフォームしている場合を想定しています。
工事内容は次のとおり、3LDKタイプ、対面型キッチンの入れ替え(間口2,400mm)、在来浴室からユニットバスへ(0.75坪1317サイズ)、旧型洋式トイレから、新型洋式トイレへの交換、洗面化粧台(間口750mm)の入れ替え、天井、壁クロス張替え(LDK12畳、洋室8畳、洗面脱衣室)、洗浄便座機能つき(スタンダード)、防音防湿サッシへ取替え、床のフローリング。

マンションリフォームは構造的な制約に加えて、専有部分であってもマンション管理規約にてリフォームできる内容に規定が設けられています。できることできないことは事前にリフォーム会社や管理組合などと相談して確認しておきましょう。

その他、200万円~500万円のマンションリフォーム事例を見る

約50万円~200万円で可能なマンションリフォーム事例

▼マンションにシステムキッチンを設置

参考価格:約50~200万円

旧式で使いづらかったキッチンを撤去し、間取りの変更は行わずそのまま最新のシステムキッチンを導入した場合の価格目安となります。

システムキッチンはメーカーやグレード形状にもよりますが、40万円~100万円が中心価格帯。設置費用は20万円~30万円程度としています。(間取りの変更がないため給排水管工事は不要としています)

キッチンを交換した場合は古いキッチンの設置痕が残る場合もありますので、床と壁紙の補修費用も検討しておくとよいでしょう。

その他、50万円~200万円のマンションリフォーム事例を見る

約100万円未満で可能なマンションリフォーム事例

▼マンション1階を断熱リフォーム

参考価格:約100万円

中古マンションを購入し、調査したところ壁面および土間床部分への断熱材施工が不十分なことが判明。マンションのため専有部分で可能な範囲で省エネ性能を向上させていくための施工事例です。

壁に対しては内壁にポリスチレン断熱材を施工し化粧断熱ボードで仕上げ、床に関してはフリーフロアの上に小根太を敷いてポリスチレン断熱材を施工、最後にフローリング材で仕上げします。

その他、100万円未満のマンションリフォーム事例を見る

マンションリフォーム事例を価格帯別にチェック:

100万円未満 100~200万円 200~500万円 500~1000万円 1000万円以上 すべての事例(価格が高い順)

マンションリフォームのポイント

マンションのリフォームではリフォームできる範囲が専有部分に絞られるため、その中でどのように暮らしの質を上げられるかを検討していくことになります。

価格傾向としては工事内容によって大きくが差がでてきますが、クロスの全面張り替えで10万円~20万円程度、キッチンやトイレを最新設備に交換、床を全面張替えなどで100万円~500万円程度。

間取りや素材など、暮らしの質に徹底的にこだわったホテルのスイートルームのような空間をつくる大規模リフォームでは1000万円以上となってきます。

マンションは個人の資産であり自由にリフォームできる「専有部分」と所有者全員の共有資産であり自由にリフォームできない「共用部分」に分かれており、基本的な約束事項が「建物の区分所有等に関する法律」に定められています。

また個々のマンションで事情が異なってくるため、実情に合わせて「管理規約」や「細則」などが設けられています。マンションリフォームではできることとできないことを抑えることが大切になります。

マンションの場所・箇所別のポイント

構造体(躯体)

建物の強度を支える構造体は共用部となるため撤去することはできません。室内であってもコンクリートでできている壁は同様に難しいことがあるため間取り変更の際には注意が必要

水まわり

キッチンやトイレ、浴室などの交換自体は問題ありませんが、移設する場合は排水用勾配や換気ルートの確保のために制限される場合があります

窓・サッシ

共用部分のために取替えはできませんが、断熱性などを高めることを目的にインナーサッシの取り付けは可能です。
ガラスの交換やフィルム貼りに関しては管理規約によりますので確認が必要

内装の変更

住戸の内側の壁や天井表面の仕上げ、室内ドアの交換は自由にできます

天井高の変更

コンクリートの天井や梁の内側は共有部分となるため、天井板を剥がして天井高を上げることは可能です

玄関扉

玄関ドア外側のマンション外観部分に影響する交換などはできませんが、内側であれば塗装することが可能です

バルコニー

共用部分となり物置を置いたりすることは基本的にできません

フローリング

床仕上げ材の変更可否や遮音性能に関して、管理規約の確認が必要

共有配管

給排水管が集まっている共用のパイプスペースは移動できません

給湯器

屋内から外に出す場合は管理組合に相談が必要

電気容量

マンション全体に割り当てられた電気容量があるため、容量をアップできるかは管理組合に相談が必要

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事