外壁塗装で知っておきたいポイント(基礎知識)

/ 174Views

住宅を保護する外壁塗装とは?

外壁塗装の目的には外観を美しく見せるなどいろいろありますが、一番重要となるのは住宅を保護することとなります。もし、塗装をせずむき出しのままにしていると、太陽光(紫外線)が木やセメントなどの材質を酸化させてしまい、雨が腐朽、腐食を促進させていきます。大切な住まいの寿命や快適さを維持するためにも、トラブルが発生する前に確実な処置をしましょう!

ここでは、これから外壁塗装をする方向けに塗装の基礎知識をご紹介していきます。塗料にもよりますが外壁塗装の実施は10年に一度が目安となります。イザという時に困らないように最低限しっておきたいポイントばかりになりますので、ご自身の知識と合わせて参考になさってください。

塗料の種類と機能

塗料には価格が安いものから、アクリル塗料・ウレタン塗料・シリコン塗料・フッ素塗料の4種類があり、値段が高いものほど長持ちする傾向があります。寿命の目安はフッ素塗料で15~20年ほど、アクリル塗料では6~7年となります。一般家庭でよく利用される塗料は、耐久性がありコストパフォーマンスに優れている「シリコン塗料」が多くなっています。その一方で、「フッ素塗料」は確かに長持ちしますが、高価なため耐久性が重視される商業施設や大規模なビルで使われる傾向があります。とはいえ、最適な塗料は環境や塗る場所によって異なってくるため、最適なものが何かは都度相談されるとよいでしょう。

耐用年数と特長

アクリル樹脂塗料:5~8年。価格は安いが耐久性が劣る。
ウレタン樹脂塗料:8~10年。紫外線に強い。
シリコン樹脂塗料:8~15年。紫外線や汚れに強い。
フッ素樹脂塗料:15~20年。高価だが耐久性が重視される建物に使用される。

また、塗料は種類によりさまざまな機能を持っているものもあります。以下は代表的な塗料とその機能になります。

機能・特長

遮熱塗料
屋根や外壁などの表面温度が上がることを防ぎ、建物内部の温度が上昇することを防ぎます。

防カビ・抗菌塗料
カビ菌糸の侵入を防ぐだけでなく、製品表面上にも定期洗浄との相乗効果により菌を増殖させません。

透湿型塗料
水は通さず湿気と空気を通します。液体である水と気体である湿度の粒子とでは分子の大きさが異なることを利用した塗料です。

光触媒塗料
紫外線によって塗膜表面に付着する汚れ(有機化合物)を分解し、親水化された塗膜により雨水が汚れの下に入り込み汚れを洗い流すことができます。

塗り替え時期の目安

塗替えの時期の目安は塗料にもよりますが、一般的には10年ぐらいから劣化が始まるといわれています。チェックポイントとしては、塗装のヒビ割れや塗膜の剥がれ、カビの発生など目視できる劣化が確認できたら要注意です。外壁であれば10~15年、屋根であれば10年を再塗装の目安とします。また、木材に直接塗られた塗装の場合は、更に劣化がはやく5年ほどで塗り直す必要がでてきます。

外壁塗装の工程と工事期間

外壁の塗装は屋根を同時に塗装することが多くなってきます。工期の目安は10日~15日前後となります。以下は、一般的な住宅の場合の目安であり、工事の規模や立地条件、その他要因によって異なる場合もあります。

①足場の組み立て

(約3日~4日)

②高圧洗浄、縁きり、ケレン

高圧洗浄などにより汚れを落とし、ケレンという工程にてさび落としや脆弱な旧塗膜の除去を実施します。ここの工程により仕上がりの美しさや塗膜の寿命に大きな影響を及ぼします。(約1日)

③乾燥

④養生シート張り

⑤下地調整

⑥下塗りと本塗り2回の塗装本番

(約2日)

⑦細かい部分への塗装

(約1日)

⑧検査や後始末など

(約2日~3日)

特に仕上がりに違いがでるのが、ケレン、下地調整、下塗りの処置でここで手を抜くと塗装が浮き上がるなどする場合があります。

外壁塗装の費用は?

塗装する面積や規模にもよりますが、一般的なサイズの住居で外壁を全面塗装すると70万円~100万円程度となるようです。更に屋根なども塗り替えると更に20万円ほど追加で費用がかかります。 また、塗料をフッ素塗料など高価なものとしたり、住居のサイズや階数などでも費用がかわってきます。

※塗装業者によっては極端に安い価格を提示する場合もありますが、塗装の場合は下塗り1回、本塗り2回が基本となるところを、回数を減らして価格を下げている場合もあるようですので、ご注意ください。

塗装工事のよくあるトラブル

塗装工事をする前に気になるのはご近所に迷惑がかかってトラブルが起きることです。工事をする前には施工会社とよく相談し、ご近所にもしっかり事前にあいさつなどをするようにしてトラブルに備えることが大切となります。

トラブル種別:塗料のニオイ
トラブル内容と対応方法
トラブルで懸念されることとしては、塗料のニオイによるトラブルがあります。特に昔の塗料では油性塗料が多く、シンナー臭いニオイでトラブルとなることが多くありました。最近では水性塗料がほとんどなのでニオイによる苦情は減ってきています。

トラブル種別:塗料の飛散
トラブル内容と対応方法
塗料が飛散することによるトラブルもよくありました。昔はガンタイプのスプレーで吹き付ける工法だったため飛散していましたが、最近はローラーなどで塗装することが主流となっているためこの手の苦情も減ってきています。

トラブル種別:足場が敷地外に
トラブル内容と対応方法
足場が敷地の外に飛び出すことがトラブルの元となることもあります。工事前には施工会社とよく相談し、ご近所に事前にあいさつなどをしておくとよいでしょう。

外壁塗装に適した時期は?

基本的に外壁塗装に適した時期・季節はありませんが、気温が5度以下、湿度が85%以上など極端な気候のときは避けることが賢明です。季節別にみると、春と秋は気候としては安定しており最適にも思えますが雨が多い時期のため、作業が度々中断することもあります。

また、冬は太平洋側であれば空気が乾燥していて塗装には適していますが日が短いため作業時間が限られてしまいます。また気温が5度を下回ることも十分にあるため、塗装が乾かなければ翌朝には凍結してしまうという可能性も考えられます。

また、夏はどうかというと高温多湿な環境となるため、窓を閉め切って生活するのは苦しい物があります。このように外壁塗装に適した時期とは意外と限られており、時期を気にしすぎて作業が滞るようであれば、まずは塗装のプロなどにご相談されることをオススメします。

外壁リフォーム成功の方法

外壁(装)材は、紫外線や風雨、雪、騒音、延焼などから住まいを守ると同時に、住まいの寿命にも関わる重要な建材です。選ぶ際には、耐候性や耐久性、耐水性、遮音性、断熱性、耐火性、メンテナンス性などの性能面を考慮しましょう。また、日々のお手入れ方法や定期的な点検方法、メンテナンス費用、保証などもしっかりチェックを。家の寿命が伸びている昨今、できる限り長期的な視野で選ぶようにしましょう。

質の良い外壁リフォームを実施すればメンテナンス頻度や住まいの長寿化につながります。そのため価格だけではなく施工内容などもじっくり検討するようにしましょう。外壁リフォーム方法には、塗装、重ね張り、張替えといった大きく3つの工法があります。どの工法が最適かは外壁の劣化状況などによって異なりますので、リフォーム会社と相談して決めるようにしましょう。

≫外壁リフォーム成功の方法を見る

外壁リフォームの価格傾向

主な価格帯:50万円~150万円

外壁や外装のリフォームは50万円から150万円が中心価格帯となってきます。価格は施工内容にもよりますが、外壁などのつなぎ目の補修やヒビ割れの補修であれば20万円以下で可能です。また、施工面積にもよりますが外壁の塗替えで50万円、外壁の重ね張りで100万円以下、古い外壁の撤去が必要な張替えとなると100万円以上となってくる傾向があります。更に断熱性能が高いものや高機能なものに新調するなどすればより価格があがってきます。また、屋根と外壁はいずれも足場を設置するコストが発生するためメンテナンス時期が近ければ同時に施工することでトータルコストを抑えることができます。

外壁リフォームの価格と費用を見る

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事