洗面所をパウダールームにリフォーム(40万円~)

/ 158Views

内訳

材料費 工事費 工期目安
20~45万円 5~15万円 1~4日

想定工事内容

  1.  洗面化粧台間口165mmのグレードアップタイプ

※養生費、撤去処分費含む

成功リフォームへのポイント

  • 家族やご自身の使い勝手を考え、適した設備を選んでリフォームすると満足度が高くなる。

  • 設備の機能やグレードで価格が変わるため、まずはカタログやインターネットなどで情報収集を。

  • こだわりのイメージがある場合、サイズが合わない場合などは造作の洗面がおすすめ。部材や機能、レイアウトで価格が上下する。

スペースにゆとりがあれば2ボールがおすすめ

顔や手を洗ったり、歯磨きをしたり、身支度を整えたり・・・洗面室は家族皆が何度も出入りする場所。よく見かける洗面室は、あまりにも機能本位で、寛ぎの空間とはほど遠い印象があります。

洗面室のリフォームでは、スペースにゆとりがあれば身支度が重なる朝などに重宝する2ボールにしたり、ゆっくりお化粧をするためにドレッサーとしての機能を持たせたりすると、使い勝手のよさが倍増することでしょう。

さまざまな洗面台からお好みを探そう

各設備メーカーとも洗面台にさまざまな工夫を凝らしています。キャビネットやミラー、シャワー等、機能や特長も各社それぞれ。情報収集はもちろん、ショールームで実際に使い勝手を確認するとよいでしょう。

最近では、車椅子仕様や自動照明などの高機能タイプも登場しています。また、洗面台の機能だけでなく、洗面まわりに近い浴室や洗濯機置き場との動線、収納などを見直すことでさらにゆとりのある洗面空間となります。

とことんこだわりたいなら、造作がいちばん

素材やデザインなど好みの仕上がりにしたい場合、どうしてもサイズが合わない場合など、造作を考えてみてはいかがでしょう。床のイメージと合わせてタイルや大理石を使ったり、オリジナルの収納やミラーを設置したりと、個性的な洗面が生活に彩りを加えてくれます。

造作する場合、水まわりに強く、デザイン性の高い提案をしてくれるリフォーム会社に相談するとよいでしょう。

●関連記事
トイレの増設・位置の変更

●ご注意
※「リフォーム価格・費用相場」の情報はあくまでも目安であり、リフォームする現場の状況などにより金額・工期が異なるため、その情報を保証するものではありません。詳しくは掲載リフォーム会社までお見積り・お問合せください。
※法律にかかわる表記(補助金、減税など)については、2010年7月のものとなるため、現在変更されている場合があります。

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事