機能満載のユニットバスへリフォーム(80万円~)

/ 159Views

内訳

材料費 工事費 工期目安
25~90万円 12~50万円 1~10日

想定工事内容

  • 浴室1坪。ユニットバスサイズは1616もしくは1717(スタンダードグレード)

※既存浴室解体、廃材処分費含む

成功リフォームへのポイント

  • ユニットバスはオプションで幅広い機能(浴室換気乾燥機、床暖房、ミストサウナ等)がある。価格はグレードや機能などで左右される。

  • 給湯器や給湯管などの老朽化がある場合は、浴室のリフォームに合わせて交換すると別々に依頼するよりも費用が抑えられる。

  • 古い浴室の場合、構造部分に腐食がある場合もあるので構造部の補強や交換工事が必要となる場合もある。

  • 高齢対応や子どもの安全に配慮して、バリアフリー、手すりの取り付け、滑り止めなどの検討も同時に行いたい。

工期が短く品質が保証されているのが特長

ユニットバスはあらかじめ仕様の決まった部材やパネルを組み立てるので、工期が短いのが特長です。現場施工の浴室に比べると設計の自由度は下がりますが、品質が保証されているのが大きなメリット。ユニットバスのサイズは床面積で表されますが、ほぼ1坪(1616サイズ)タイプか1.25(1620サイズ)坪タイプが現在は主流となっています。

快適さ、楽しさ、掃除のしやすさなども魅力

保温性の高い浴槽、冷える水まわりに配慮した浴室暖房や床暖房、浴室換気乾燥機付きなどの快適な性能はもちろん、リラクゼーションのためのミストサウナやジャグジー、TV付きなど、バスタイムをより楽しく過ごせるような多彩な機能もユニットバスの魅力。また「乾きやすさ」「水はけ」「ぬめり防止」など清掃性の高い機能もありますので、機能と価格を考慮しながら選ぶとよいでしょう。

家の老朽化への対応や高齢者・子供への配慮も同時に

古い浴室のリフォームを行う場合、床や壁の亀裂から水が浸入して住まいの構造部を腐食しているケースや、給湯器や給湯管などの老朽化が進行している場合があります。リフォームと併せて補修や交換することで、別々に依頼するよりも費用を抑えることができます。

また、高齢対応や子どもの安全性に配慮して、バリアフリーや手すりの取り付け、出入り口にはスペースをとらない引き戸や折れ戸の採用なども併せて検討するとよいでしょう。

●ご注意

※「リフォーム価格・費用相場」の情報はあくまでも目安であり、リフォームする現場の状況などにより金額・工期が異なるため、その情報を保証するものではありません。詳しくは掲載リフォーム会社までお見積り・お問合せください。
※法律にかかわる表記(補助金、減税など)については、2010年7月のものとなるため、現在変更されている場合があります。

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事