D+K+Lを広々LDKに間取り変更リフォーム

/ 154Views

内訳

材料費 工事費 工期目安
50~150万円 50~100万円 3~20日

想定工事内容

  • 6畳のDK及び和室6畳を12畳のLDKにリフォーム(キッチンはスタンダードグレード)

※廃材処分費含む

成功リフォームへのポイント

  • リビングをキッチンやダイニングとつなげる場合、仕切りや柱の撤去をした時に構造に影響しないか十分な調査とプランニングが必要。

  • 料理や食事をする場所とつなげるので、換気や防臭などリビングを快適にすごせる配慮を忘れずに。

  • 広々とした空間では、窓を断熱性の高いものにしたり、空気を汚さない床暖房を採用するなど、温度管理が快適さの秘訣に。

壁の撤去などが必要な場合、しっかりと構造の確認を

昔の家では「台所」や「食堂」は「居間」とは一線を画して奥まった場所に配置されていたものですが、現在は広々とした空間で寛ぎたいという需要の高まりや動線のスムーズさから、キッチンやダイニングと間仕切りされた部屋をつなげてLDKとして利用するためのリフォームが増えています。

仕切られた空間を広げる時に、壁の撤去や柱など構造にかかわる工事が必要な場合には、事前に十分な調査とプランニングが必要です。

寛ぎの空間を損なわないようにプランニング

リビングをキッチンやダイニングと一体化する場合には、換気をしっかり考え、また消臭機能のある内装材を選ぶなど、家族がゆったりと寛ぐためのリビングの役割を損なわないための配慮が必要です。

小さなお子様やペットのいる家庭では、汚れや傷に強い壁材や床材などもおすすめ。無垢材や珪藻土など、体にやさしい自然素材を使ったリフォームも子育て世代に人気です。

採光や冷暖房効率も併せて考える

昼間でもリビングで気持ちよく過ごせるように、採光の確保も大切なポイント。光や風がたっぷり入るよう窓の大きさや高さなども同時に考えるとよいでしょう。

また、広くなった空間の冷暖房効率も考えて、断熱性能の高い窓への交換や、空気を汚さずポカポカと快適な床暖房の採用などもおすすめです。

●関連記事

リビングのデザインリフォーム

●ご注意

※「リフォーム価格・費用相場」の情報はあくまでも目安であり、リフォームする現場の状況などにより金額・工期が異なるため、その情報を保証するものではありません。詳しくは掲載リフォーム会社までお見積り・お問合せください。
※法律にかかわる表記(補助金、減税など)については、2010年7月のものとなるため、現在変更されている場合があります。

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事