太陽光発電リフォーム

/ 246Views

内訳

材料費 工事費 工期目安
150~250万円 25~90万円 1~10日

想定工事内容

(1) 太陽電池モジュールの屋根置き型タイプ

成功リフォームへのポイント

    • もっとエコ生活を目指すなら、オール電化+太陽光発電システム。補助金・減税・売電で賢くエコリフォームを。

    • 太陽光モジュールは屋根設置型や屋根建材一体型がある。屋根のリフォームを考えているなら、屋根材としての機能を満たす一体型を選ぶのも選択肢のひとつ。

  • 日当たりにもよるが、同じ条件なら太陽光パネルが多いほど発電量がアップ。ただし導入コストも上がるのでどちらが家計にやさしいか検討したい。

補助金、余剰電力の買い取り制度など環境も整備

太陽光発電システムは、太陽の光を電気エネルギーに変えるシステム。化石燃料とは違い二酸化炭素を発生させずに電気をつくれるため、地球温暖化対策のひとつとして国や自治体の補助金制度も用意されています。また、発電の余剰電力は電力会社が買い取ってくれるなど光熱費の軽減が可能で、消費者にとっては徐々に導入しやすい環境が整いつつあります。

屋根のリフォームと併せて検討しよう

太陽光発電システムは日照時間が多いほど効率的なので、戸建住宅では屋根に取り付けるのが一般的。設置型の場合、屋根の形、向き、重さに耐えられるかの構造上の問題などもあるので、安全部分も考えて検討するとよいでしょう。また、屋根材としての機能も果たす屋根建材一体型の太陽光発電モジュールもあります。

一体型は太陽光発電システムを取り付ける架台が不要なため軽量で、景観性に優れているのも特長です。取り付ける太陽光パネルの数や日照条件によって効率がかわるので、きちんと検討をしましょう。

環境と家計にやさしい生活を実現

太陽光発電リフォームを行う場合、オール電化との同時リフォームを考える方が多いと思います。どちらも減税や補助金の対象となりますので、それらを有効活用して賢くリフォームをしましょう。太陽光発電リフォームは、月々の光熱費の削減や売電などを考慮すると、長く使えば使うほどお得になり、初期の導入コストをまかなうことも可能です。

インターネット上で予測発電量や節約電気料金のシミュレーションもできますし、詳しくは専門の会社に試算してもらうとよいでしょう。

●関連記事

オール電化リフォーム

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事