子供部屋をつくるリフォーム

/ 265Views

内訳

材料費 工事費 工期目安
20~100万円 25~120万円 4~14日

想定工事内容

(1) 2階の8畳和室を二部屋にリフォーム
(2) 間仕切り収納
(3) ベット・机造作
(4) 壁紙の張替

成功リフォームへのポイント

  • 部屋を仕切って子ども部屋をつくる場合、スペースを有効活用するためにベッドや収納、机などをコンパクトに。つくり付けの家具にするのも成功の秘訣。

  • 狭くなりがちな空間なので、壁や床、天井は圧迫感のない明るい色や素材を選ぶのもポイント。

  • 子どもの成長により、のちに間取りを戻す場合の再生コストも考えて、プランを立ててもらおう。

    スペースを有効活用して空間を広く使う

    一部屋を区切って子ども部屋を作る場合、部屋が狭くなるので、格納ベッドやベッド下に収納や学習机を置くなど、いかにうまく空間活用するかがリフォーム成功のポイントです。特に収納は「しまう」だけでなく「吊るして見せる」など、工夫次第でスペースを有効活用することができます。高さに余裕があるなら、ロフトの設置もおすすめ。また、最近は子ども部屋をあえて小さくして、共有スペースを用充実させる人も増えています。

    楽しく、そして健康に暮らせる部屋づくりを

    壁や床、天井などに明るい色を選ぶことで、狭い空間でも圧迫感を和らげることができます。天井や壁に空や騙し絵のクロスの使用や、部屋を広く見せる鏡を有効に使うのも楽しく快適に過ごすのに効果的です。窓やコンセント、テレビアンテナなどの場所も念入りにチェックするほか、お子様にアレルギーがある場合には特に、無垢材や塗り壁のような自然素材を使うなど、素材にも注意しましょう。

    子どもが独立後した後のレイアウト変更も考慮しよう

    いったん仕切った子ども部屋を、子どもの独立とともに違う用途に使えるよう、再生コストも考えてプランをたててもらうとよいでしょう。ライフステージに対応した将来的なレイアウト変更のしやすさから、可動式間仕切り収納も人気です。

    ●関連記事

    二世帯住宅リフォーム成功の方法

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事