リフォームの価格相場って?

/ 563Views

リフォームQ&A

「リフォームっていくらかかるの?」「どこまでできるの?」「何からはじめればいいの?」はじめてのリフォームは疑問や不安がたくさん。ぜひ、この「リフォームQ&A」で疑問を解決して、あなただけのリフォームを、成功させてください。

リフォームの価格相場って?

「キッチンを交換したいけど、いくらくらいあればできるんだろう?…」 失敗のない資金計画のためにも、何をどのようにリフォームするといくらくらいかかるのか、事前にチェックしておきたいもの。

そこで部位ごとに標準的なリフォームをした場合の目安をご紹介します。 LIFULL HOME’Sリフォームの事例紹介で、希望に近いリフォームをたくさん見て、相場観を養っておくのも有効です。

壁紙を新しく

一般的なビニールクロスを6畳の壁・天井に貼った場合の目安。

約4~5万円(6畳)工期:1日

階段手すりを設置


階段の長さ3~4m、左右の壁に設置する場合。取り付け費用、下地補強費用が別途かかります。その他、トイレの壁に設置する手すりの価格は3500~6500円程。

約3~6万円 工期:1日

和室を無くしてリビングを広く


リビングの隣によくある和室。あまり使わないのでリビングと一体化して広くしたい。そんな場合の目安。ひと続きのフローリングとして、広々リビングを実現します。

約30~35万円 工期:1~2日

和室を洋室に


6畳の畳敷きの和室をフローリングの洋室にした場合の目安。天井・壁のクロス、ドア交換、押入れをクロゼットに変更などが含まれます。

約40~50万円 工期:1~2日

洋室の内装を一新

6畳の洋室で、カーペットをフローリングにして、天井・壁のクロス貼り替え、ドア交換などを行った場合。

約30~40万円 工期:1~2日

床暖房を設置

電気式の床暖房を8畳間に施工。パネルのみの場合は25万円程度から。フローリングと一体化したタイプは30万円程度から。

約25~50万円 工期:1日

システムキッチンを交換

既存の位置を変えずにシステムキッチンのみを交換する場合。設備機器のグレードにこだわると金額はアップします。

約70万円~ 工期:1日

対面式キッチンに交換

壁付けだったキッチンを対面式に変える場合。給排水管や床下などの状態、周りの内装をどうするか、設備のグレードなどによって金額はアップします。

約140万円~ 工期:1~2日

ユニットバスを交換

古くなったユニットバスを新しいものに交換する場合。設備のグレードによって金額はアップします。

約80万円~ 工期:1~2日

オリジナルデザインの浴室を造作

既製品のユニットバスに比べて、素材や仕様によって金額は変化しやすいでしょう。また工事費(人件費)もかかるので、価格の変動は大きくなります。

約140万円~ 工期:1~3日

和式トイレを洋式に

段差の上に便器がある和式トイレを、段差を無くして洋式トイレにした場合。したがって床はフローリングに貼替え、天井・壁のクロスも交換。タンクレスや温水洗浄暖房便座など、設備のグレードによって金額はアップします。既存が汲み取り式の場合は、新たに配管費用が必要です。

約35万円~ 工期:1~2日

トイレの便器と内装を一新

既存の洋式便器を新しくして壁紙などの内装も一新する場合。設備のグレードによって金額はアップします。

約25万円~ 工期:1~2日

便器を温水洗浄暖房機能付きに

トイレ設備はそのままに、便器を温水洗浄暖房機能付きに交換し、内装も一新した場合。

約25万円~ 工期:1日

洗面化粧台を交換

既製の洗面化粧台のユニット交換のみであれば10万円~。大きさや内装も変える場合は金額がアップします。

約15万円~ 工期:1~2日

外壁・屋根の塗り替え

高圧洗浄後にセラミック系塗装をした場合。また、ほとんどの場合、足場や養生が必要になりますが、その場合は別途1300円/㎡~がかかります。

約2500円/㎡~ 工期:2~3日

外壁の張り替え

一般的な化粧サイディングに張り替えた場合。外壁面積(㎡)は延床面積の1.5倍が目安。足場や養生代は、別途1300円/㎡~がかかります。

約1万5000円/㎡~ 工期:2~3日

屋根の葺き替え

セメント系の瓦屋根を取り払って新しいものを施工する場合。足場や養生代は、別途1300円/㎡~。雨漏りなどをしている場合は下地工事が必要になる場合も。

約5500円/㎡~ 工期:2~3日

玄関を一新

金属製玄関ドアへの交換と玄関収納交換、玄関ホールの天井・壁のクロス貼り替えをした場合。玄関ドアのグレードや玄関収納の大きさによって費用はアップします。

約1万5000円/㎡~ 工期:2~3日

リフォームの場合は新築と違って、既存の建物状況などによって、費用が変動しやすいのも常識。自分の家の場合はどうなのかは、必ずリフォーム会社に一度現場を見てもらい、見積りをとってもらうこと。

※ここにある費用の目安はあくまでも標準的な一例です。実際の費用については、必ずリフォーム会社に確認してください。

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事