実際のリフォームの流れは?(中古物件を購入してリフォーム)

/ 251Views

中古物件を購入してリフォームの場合

「何からはじめたらいいのかわからない。」はじめてのリフォームではそんな声が多く聞こえてきます。そこで一般的なリフォームの流れを見てみましょう。どのタイミングでどんなことをすればいいのか、あらかじめ知っておけば準備もはかどります。また、中古物件を購入してリフォームをする場合で住宅ローンの利用を考えている場合は、ローン審査にリフォーム費用の見積りが必要になるので、物件を決める前に、まずはリフォーム会社に相談してから進めよう。

1資金計画

自己資金をチェックする。住宅ローンを利用する場合は、金融機関でいくら借りられるのか、事前審査をしておくと目安になる。

2物件情報を収集

LIFULL HOME’Sなどで中古物件の情報を検索。希望のエリア、広さ、駅からの距離など、あらかじめ優先順位を決めておくと迷いにくい。

気になる物件はどんどん内覧しよう

3物件決定・申込み

希望に合った物件があったら購入申込みを。可能なら、依頼予定のリフォーム会社に現場調査に来てもらえるか聞いてみよう。

4売買契約

購入を決めたら売買契約。この時に物件価格の5~10%の手付金を支払う。その他、様々な諸費用があるので、不動産会社に確認を。

5住宅ローン申請

事前審査を経て借り入れする金融機関が決まったら、いわゆる本審査と呼ばれるローンの申込みをする。金融機関によっては物件とリフォームを一つの住宅ローンで借り入れできるところもあるので、事前にチェックしておきたい。

6決済・引渡し

本審査を通過すれば融資実行となる。売主、買主、不動産会社、司法書士などが一堂に会し、物件費用の決済や諸費用の支払い、登記変更、鍵の受け渡しが一度に行われ、晴れて自分の家に。そしてリフォーム工事へ。

中古物件購入時の諸費用っていくら?

中古物件購入は住宅ローンの頭金の他にも、様々な諸費用が現金で必要になります。例えば、一般的に売買契約時に売主へ支払う手付金(物件価格の5~10%)、不動産会社に支払う仲介手数料〈(物件価格×3%+6万円)+消費税〉、保証料、火災保険料、印紙税、不動産所得税、固定資産税など。一般的には物件費用の7~10%は必要なことが多いでしょう。不動産会社などによく確認しながら進めよう。

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事