リフォームで出来ること出来ないことは?(マンション編)

/ 257Views

次に、マンションリフォームの場合を見てみましょう。マンションは専有部分と共用部分に分けられますが、リフォームできるのは専有部分のみ。また、マンションの管理規約の制限も関係してくるので、管理組合への確認もお忘れなく。

■マンション特有の用語

専有部分 住人が所有を認められている部分で、リフォームが可能な範囲。一般的には玄関の内側から水廻り、居室、室内建具などの住戸内のこと

共用部分 マンションの住民全員で所有する部分で、リフォームできない部分。外壁・屋根はもちろん、バルコニーや窓サッシ、玄関の外側、廊下など

管理規約 マンション生活に関わるルールやリフォームの制限も定められている

■水廻り移動の注意点

排水管が階下を通っている 築年数の経った集合住宅に多い。階下の天井裏を通っているタイプで、排水管を動かせないため水廻りの移動は困難

床下空間が狭い コンクリートスラブと床の間に高さがない場合、勾配がとれる範囲内なら移動可能だが、大きな位置変更は難しい

■マンションにも構造の制約が?

ラーメン構造 柱と梁で建物を支える構造で、室内の間仕切り壁はほとんど撤去可能なので間取り変更の自由度が高い

壁式構造 壁と床で建物を支える構造で、室内の壁が構造壁になっていることがあり、その場合は間取り変更に制約が出る

〇壁・天井の一新や建具の交換

壁・天井のクロスの貼り替えやペンキの塗り替え、室内ドアの交換などはほとんど自由にできます。

〇天井高を上げる

天井板を外して構造体のコンクリート内側までなら可能。コンクリートに直接ペンキを塗ることも一般的にはOK。

△エアコンの設置

各住戸の電力使用可能量や室外機を置くスペースがあるかどうかなどを確認して、OKであれば設置は問題ありません。

△キッチンや浴室、トイレの移動

排水管の位置と構造によって制約が出ます。コンクリートスラブと床の間に十分な空間があれば自由度は高まります。
※上部「水廻り移動の注意点」参照

△間取り変更

ラーメン構造ならほとんど自由にできますが、壁式構造では構造上とれない壁があるので、制約が出ます。
※上部「マンションにも構造の制約が?」参照

〇コンセントを増やす

増やすことは特に問題ありませんが、使用電力が増えるなら事前に管理組合へ各住戸の使用可能量の確認を。

△床の張り替え

管理規約で遮音性を規定している場合が多いので、まずは確認を。それをクリアしている床材ならOK。

△床暖房の設置

設置は特に問題ありませんが、事前に各住戸で使えるエネルギーの使用可能量を管理組合に確認しましょう。

×玄関ドアの交換

共用部分なのでまるごと交換はできません。内側のみ塗り替えて色を替えるなどはできます。

×窓・サッシの交換

共用部分なのでまるごと交換はできません。ガラスのみの交換や、内窓を付けることはできます。

×パイプスペースの移動

給排水管やガス管・電気配線などが通るパイプスペースは、共用部分なので移動はできません。

※以上は一般的な例なのでリフォーム予定の物件についてはリフォーム会社に確認を。

中古物件購入時の諸費用っていくら?

中古物件購入は住宅ローンの頭金の他にも、様々な諸費用が現金で必要になります。例えば、一般的に売買契約時に売主へ支払う手付金(物件価格の5~10%)、不動産会社に支払う仲介手数料〈(物件価格×3%+6万円)+消費税〉、保証料、火災保険料、印紙税、不動産所得税、固定資産税など。一般的には物件費用の7~10%は必要なことが多いでしょう。不動産会社などによく確認しながら進めよう。

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事