リノベーション成功の方法

/ 166Views

リノベーションで理想の暮らしを実現するための基本的な情報やノウハウ、ポイントについてまとめました。リノベーションは現状維持に留まらず、既存の住まいに新しい価値を生み出すフルリフォームを指します。リノベーションの費用・相場についても学べます。

リノベーションとは

設備機器の交換にとどまらず、大規模な間取り変更を行ったり、断熱性・耐震性など住性能の向上を図るなど、既存の住まいに新しい価値を生み出すフルリフォームのことを、ここでは「リノベーション」と呼びます。

「2人目の子どもが生まれたので、子ども室を増やしたい」、逆に「子どもが独立したので、夫婦の暮らしにあう間取りにしたい」など、ライフスタイルに合わせて見直すのが、暮らしやすい住まいをつくるコツといえるでしょう。

「したいこと」を、まとめよう

部屋数は増やしたいのか減らしたいのか、収納スペースは足りているか、家事動線に不満はないかなどなど、まずはふだんの暮らしをチェックしながら、どこをどう変えたいのかを考えていきましょう。

たとえば、収納とひとくちにいっても「魅せる収納」と「しまう収納」などさまざま。「どんな暮らしをしたいのか」を考えることが、リノベーション成功の秘訣です。

チェックシートのダウンロード

住宅性能を見直す

 

リノベーションでは、断熱性や耐震性など住宅性能も見直していきます。リフォーム会社に相談して、我が家の性能を一度チェックしてみてはいかがでしょうか。断熱材は築古物件の場合は入っていないことも。

最近は、樹脂サッシやトリプルガラスなど、窓に注目した商品もあり、比較的に手軽な断熱対策もあります。マンションで施工できる断熱工事もあり、防音性のある素材も出ていますので、リフォーム会社に相談してみるのがオススメです。

間取り変更で考えること

古い建物の場合、居室が細かく区切られ、リビングが狭いことも少なくありません。子どもがまだ小さく「のびのび遊ばせる場がほしい」という子育て世帯や、「夫婦ふたりでゆったり暮らしたい」というリタイア世帯など、世代に応じて広々とした間取りに変更することを考えてみてはいかがでしょうか。

ただし、RC造や2×4工法の場合は構造上の制限がある場合もありますので、詳しくはリフォーム会社に相談を。

素材やデザインにこだわる

せっかく全面的にリノベーションするなら、デザインや素材にもこだわりたいもの。

「床は無垢材、壁は塗り壁にして、とことん心地よい空間にしたい」、「アジアのリゾートホテルのようなリビングでくつろぎたい」、「お気に入りの絵が映える壁色を選びたい」など、自分のセンスを活かすチャンス!インテリアコーディネーターに相談して、プロの知恵を借りるのもオススメです。

合わせて考えてみよう

最近の住まいづくりでトレンドともいえるのが「ママ目線」。日々家事を行うことが多い女性の目線にたって、「キッチンで料理をしながらリビングで遊ぶ子どもの様子が見える」とか、「キッチンと洗面・浴室が近く、料理をしながら洗濯できる」といった家事動線を考えたプランが人気を集めています。

併せて、買い置きの食品を保存しておけるパントリーや、洗濯物にアイロン掛けしたり料理のレシピをまとめたりするママ書斎の確保などもオススメ。リノベーションする機会に、「家の中で人がどう動くか」を考えてプランを考えてみるのもいいかもしれませんね。

リノベーションの情報・トピックス

リノベーションの価格傾向

主な価格帯:500万円~1500万円以上

リノベーションでは工事内容により大きく価格は変わってきます、水まわりの設備更新や壁紙・床材の総張替え程度であれば100万円~300万円程度に収まってきますが、スケルトンリフォームなど基礎と柱以外すべて刷新する場合は1000万以上かかる場合も珍しくありません。

また、マンションと戸建てでは同じリノベーションでも出来ることや施工面積に差があるため価格帯のボリュームゾーンにも差がでてきます。マンションでは700万円~1000万円、一戸建てでは1000万円~1500万円がボリュームゾーンと言えるようです。

リノベーションの費用・相場を見る

リノベーションの事例集

LIFULL HOME’Sで公開されている電話で相談(無料)リノベーションの事例をご紹介。実際の施工価格も公開されていますので参考にしてください。気になる事例があれば、積極的に問い合せてみましょう。成功リフォームの第一歩は、有益な情報を集めることからとなります。

リノベーション事例集を見る

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事