リノベーションの価格・費用相場

/ 160Views

価格の目安:約300万円~1000万円以上

約500万円以上で可能なリノベーション事例

▼建築設計から依頼してリノベーション

参考価格:約750万円

リノベーションといったような大規模リフォームでは、建築設計事務所に依頼することもよくあります。

設計事務所ではリノベーションのアイデアやデザイン、設計はもちろん実際の工事の管理までしてもらえるので規模の大きなリノベーションなどでは特に力を発揮します。ちなみに設計事務所を利用した場合の費用は総工事費の10%程度が目安となります。

今回の事例は65m²のリノベーション工事に10%(75万円)ほどの設計監理費が加算されたもので算出しています。

▼マンションを定額リノベーション(70m²)

参考価格:約700万円

大規模なリノベーション工事となると、施工する面積が広く導入する設備も多いため見積もり内容も複雑になってきます。そこで最近では定額制のリフォームをする会社が増えてきました。

定額制リフォームの場合は、リフォーム面積に単価をかけて総額が算出できる明瞭な価格設定がされています。単価は会社や施工面積により異なってきますが、基本となる標準的な仕様であれば1m²あたりの単価は10万円前後で施工可能です。

とはいえ定額で施工可能なのは基本プランの中だけでIHクッキングヒーターや珪藻土、壁面収納などこだわりを実現するためには追加オプションで追加費用が発生します。定額制リフォームを利用する際には標準仕様の内容と合わせてオプション価格も比較しながらリフォーム会社を選ぶとよいでしょう。

その他、500万円以上のリノベーション事例を見る

約300万円~500万円で可能なリノベーション事例

▼中古マンションを購入してリノベーション

参考価格:約500万円

中古マンションを購入して、リノベーションしている場合を想定しています。

工事内容は次のとおり、3LDKタイプ、対面型キッチンの入れ替え(間口2,400mm)、在来浴室からユニットバスへ(0.75坪1317サイズ)、旧型洋式トイレから、新型洋式トイレへの交換、洗面化粧台(間口750mm)の入れ替え、天井、壁クロス張替え(LDK12畳、洋室8畳、洗面脱衣室)、洗浄便座機能つき(スタンダード)、防音防湿サッシへ取替え、床のフローリング。

マンションリフォームは構造的な制約に加えて、専有部分であってもマンション管理規約にてリフォームできる内容に規定が設けられています。できることできないことは事前にリフォーム会社や管理組合などと相談して確認しておきましょう。

価格事例の詳細をチェック

その他、300万円~500万円のリノベーション事例を見る

リノベーション事例を価格帯別にチェック:

100万円未満 100万円~300万円 300万円~500万円 500万円以上 すべての事例(価格が高い順)

リノベーションのポイント

リノベーションでは工事内容により大きく価格は変わってきます、水まわりの設備更新や壁紙・床材の総張替え程度であれば100万円~300万円程度に収まってきますが、スケルトンリフォームなど基礎と柱以外すべて刷新する場合は1000万以上かかる場合も珍しくありません。

また、マンションと戸建てでは同じリノベーションでも出来ることや施工面積に差があるため価格帯のボリュームゾーンにも差がでてきます。マンションでは700万円~1000万円、一戸建てでは1000万円~1500万円がボリュームゾーンと言えるようです。

更に、忘れてはいけないのがリノベーション工事以外にかかる費用となります。居住している住居をリノベーションする場合は工事期間中の住居の確保や引越し費用が発生しますし、中古住宅を購入する場合は、購入価格と登記、不動産取得税などの税金が必要となってきます。

さらにリフォームローンを組む場合は、手数料や保証料などが必要になるためご注意ください。

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事