リノベーションの知っておきたいポイント

/ 343Views

リノベーションについての抑えておきたいポイントを学べます。リノベーション成功の方法と合わせて学習しておきましょう!

リノベーションとリフォームの違い

「リフォーム」と「リノベーション」に関して、国土交通省が定義している内容では、リフォームは住宅が本来もっていた性能へ現状復帰を目的とした工事、リノベーションは新築住宅時点でもっていた性能以上にする工事と定義づけられています。

ただし一般的には明確な線引をされないまま利用されていることも多く、リフォーム会社もリフォームでもリノベーションでも対応できるケースが多くなりますので、したい暮らしの工事内容をそのまま伝えるようにしましょう。

スケルトンリフォームって?

スケルトンとは、英語で「骨組み」のこと。スケルトン=住まいの骨組みのみ残して、設備や内装・間取りを一新することを「スケルトンリフォーム」と呼びます。

戸建ての場合は、リビングを1階から2階へ移動したり、キッチン・浴室の位置変更など、自由度の高いリフォームが期待できます。マンションの場合は、一度コンクリートむき出しの状態にするので、間取りを一から見直しながら、好みのデザインでトータルにコーディネートする楽しみが味わえます。

戸建てとマンションの違い

戸建ての場合

マンションとの大きな違いは、外壁や屋根などの外まわりの補修が発生することでしょう。こまめに手入れするのが難しい部分ですので、リフォームの際に汚れがつきにくいコーティングなどを検討するのもよいでしょう。

また、戸建ての場合、延床面積によって固定資産税が変わってきます。家族構成が変わって広いスペースが必要ない場合は、思い切って建物を小さくする減築リフォームという手もあります。

マンションの場合

リフォームにあたっては、物件ごとに管理規約があり、工事できる箇所・できない箇所が異なります。事前に管理組合へ確認しましょう。

また、工事の日程が決まったら、近隣住戸へのあいさつも欠かせません。リフォーム会社の担当者があいさつを行う場合もありますが、工事後も気持ちよく暮らせるよう、住まう人自らがあいさつや報告を行ったほうがよいでしょう。

こんなこともポイント

複数の箇所で同時に工事を進める場合は、仮住まいが必要になる場合があります。家族のためのアパート・マンションなどのほか、家財道具の一時保管が必要になるケースもありますので、工事期間などをよく確認しておきましょう。

また、工事終了後のアフターメンテナンスも業者選びの大切なポイント。「住まいのかかりつけ」として、相談にのってもらえるリフォーム会社を選びましょう。

リノベーションの情報・トピックス

リノベーション成功の方法

設備機器の交換にとどまらず、大規模な間取り変更を行ったり、断熱性・耐震性など住性能の向上を図るなど、既存の住まいに新しい価値を生み出すフルリフォームのことを、ここでは「リノベーション」と呼びます。リノベーションの基本などを学びましょう。

リノベーション成功の方法を学ぶ

リノベーションの価格傾向

主な価格帯:500万円~1500万円以上

リノベーションでは工事内容により大きく価格は変わってきます、水まわりの設備更新や壁紙・床材の総張替え程度であれば100万円~300万円程度に収まってきますが、スケルトンリフォームなど基礎と柱以外すべて刷新する場合は1000万以上かかる場合も珍しくありません。

また、マンションと戸建てでは同じリノベーションでも出来ることや施工面積に差があるため価格帯のボリュームゾーンにも差がでてきます。マンションでは700万円~1000万円、一戸建てでは1000万円~1500万円がボリュームゾーンと言えるようです。

リノベーションの費用・相場を見る

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事