階段リフォーム成功の方法

/ 195Views

階段リフォームとは

階段は上下階をつなぐ場所というだけではなく、家の中のどこに配置されているかで生活の動線に影響していきます。特に築年数が古い住宅などでは急勾配で踊り場もないストレートな階段であることが多く、万が一滑ったりすると大きな事故につながりかねないキケンな場所ともいえます。階段リフォームで安全性を高めるためには、階段の明るさ確保や手すりの設置、床材を安全なものへ張り替える、勾配を緩やかに変更などが考えられます。また、バリアフリーの観点も合わせて検討するとよいでしょう。

階段の安全性を高めるできる工夫

床材を安全なものに

階段の床材は、フローリングやカーペット、人造大理石などを使う場合や、踏み面の部分を木製や滑りにくい素材にすることが考えられます。安全性を特に重視する場合は、石やタイルより木、木よりコルクやカーペットなど滑りにくく柔らかい素材を検討しましょう。
施工方法は痛みが激しい場合は、古い階段の床材を張り替えることもありますが、基本的には床材を重ね張りすればよいため、比較的手軽に施工できるリフォーム方法となります。階段の床材の選び方によっては、家全体のインテリア性などにも影響がしますので暮らしとのバランスも含めて考えたいところです。

足元を明るく

階段は段差が多く勾配もついているため足元が暗くなりがちとなるため、躓いたり踏み外して怪我をする恐れがあります。安全を高める対策としては、階段の照明を増やしたり外の光を採り入れられる窓を増やすことで光源の確保、床材自体を明るめのモノに張り替えることが考えられます。また、足元に照明が埋め込まれた足元灯(フットライト)を設置することでも更に安心を確保できますので検討してみましょう。

手すりの設置

階段で転倒した場合に、とっさに体を支えられる手すりがあると安心です。手すりは太くて円型の物をしっかりとした下地に設置するようにします。また可能であれば階段の両側に切れ目なく連続して設置するようにしましょう。バリアフリーの観点でも手すりが階段にあることで弱った足腰をサポートできるため、移動が楽になってきます。

階段を更に安全にするために

階段の勾配はなるべく緩やかに、蹴上寸法は毎日の使用で無理のない角度で設置することで安全性を高めることができます。階段の勾配は通常45度程度ですが25~35度へ変更、蹴上げ(1段の高さ)は15~18cm、踏み面(踏む部分の奥行き)は26~32cmくらいとすると安心です。

合わせて検討したいことが、万が一足を滑らせても一番下まで転落しないように階段の形状を「L字階段」や「回り階段(U字階段)」とし上下階の中間時点にフラットな踊り場を設けてることです。万が一足を滑らせても途中で止まる場所ができるため被害を最小限にすることができます。また高齢者や体が不自由で階段を登ることがつらい家族がいる場合は踊り場で小休憩がとれるメリットがあります。

ただし、このような勾配の変更や階段形状の変更を必要とする工事となると、家全体の構造を再計算する必要がでてくるため、フルリフォームや大規模な間取り変更などとあわせて実施するのが一般的となります。

階段リフォームの情報・トピックス

階段リフォームの価格傾向

主な価格帯:20万円~100万円

階段のリフォームでは万が一の転落事故を防ぎ、安全性確保ために手すりを設置したり、滑り止めの設置が中心となってきますが、これらは20万円~50万円の価格で実施可能なようです。さらに安全性を高めるためには階段の勾配を緩やかにしたり踊り場の設置なども検討したいところですが、その場合は構造から再設計が必要となるなど大掛かりな工事となってくるため価格は100万円以上と高額になってきます。

階段リフォームの価格と費用を見る

階段リフォームの事例集

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事