収納リフォーム成功の方法

/ 169Views

収納について

住まいの悩みとして、筆頭にあがることが多い収納不足。断捨離という言葉がブームになりましたが、年に一度の楽しみであるクリスマスツリーやひな人形、子どもの成長を記録したアルバム、買い集めた大切な本やコミック……など捨てられないものも多いですよね。そこで、ここでは「出し入れしやすく、片付けもしやすい」収納リフォームのコツをお伝えしていきましょう。

収納のタイプを知ろう

ビルトイン収納

クローゼットや押し入れなどは、各居室に設けるのが基本。布団などを収納する場合は、出し入れしやすいように中板があるといいでしょう。また、廊下などに家族共有で使えるファミリークローゼットを設ける方法も。洗濯物を各部屋に仕分ける必要がなく、家事の手間が省けます。冬のアウターなど、季節ものをまとめてしまっておくのもいいでしょう。

ウォークインクローゼット

人が入れる広さがある大容量の収納。タンスなどをそのまま入れることもでき、手持ちの洋服をまとめて収納できます。季節ごとの入れ替えをせずに済むのも嬉しいポイント。棚板をつければ、バッグや帽子なども置けるので便利です。また、寝室と洗面脱衣室をつなぐ「ウォークスルークローゼット」など、生活動線に取り込むアイデアもあります。

システム収納

設置したい場所の幅や奥行きに応じて、組み合わせられるシステム収納。既成のものとオーダーするものがあります。たとえばリビングで、テレビボードと収納家具を組み合わせるのはよくある例。テレビを収納の一部に入れ込むことで出っ張りがなくなり、空間全体がすっきりと広く見えます。空間を無駄なく使えるのが大きなメリットです。

造作収納家具

「この隙き間にぴったり合う収納家具がほしい」という時は、オリジナルで製作する造作家具を検討してみては。テレビ台などを造作する際は、将来大型のものに買い替えても置けるよう、棚や仕切りを可動式にしておくのがいいでしょう。デザインや素材にこだわると既製品よりも割高になりますが、大工の手仕事でシンプルに作れる場合はコストを抑えられることも。

デッドスペースを有効活用

屋根裏や階段下、床下などのデッドスペースは、クリスマスツリーなど季節ものの収納にうってつけ。天井板を剥がして屋根裏をロフトにすれば、たくさんの物がしまえます。床下収納は、土台や基礎の立ち上がり部分を避けて設置でき、配管の点検などの際にも使えるのでオススメです。また、壁の隙間や厚みなど、ちょっとしたスペースも、棚やニッチなど活用次第で大活躍。奥行きがあれば思いのほかたくさん収納できます。

屋根裏(ロフト)、床下、階段下、吊り戸棚、ニッチ、小上がり和室の下、などなど

「見せる収納」というアイデアも

クローゼットにしまい込むばかりが収納ではありません。気に入って買った雑貨やお子さんが描いた絵などは、リビングなどに飾ってみてはいかがでしょうか。リフォームの際にニッチを作れば、ちょっとしたギャラリースペースに大変身します。また壁面収納は、全面扉付きだと圧迫感のあることも。一部を「見せる収納」にするなど使い分けが大切です。

ライフスタイルに合わせた便利な収納

収納リフォームは「しまいたくても、しまえる場所がなかったモノ」たちの居場所を作る一大チャンス。大きさのあるスキーやゴルフバッグ、ベビーカーのためには、玄関を広げて土間収納をつくるのがオススメです。また、「スーパーのセールでついつい買い込んでしまう」というミセスにはパントリー(食品庫)が必要かも。専用のスペースにきちんと並べて置けば、「同じものを買ってしまった」「うっかり賞味期限が切れてしまった」というミスもなくなりそうです。

収納位置を決めるポイント

「収納がたくさんあれば、家の中が片付くはず」と思いがちですが、残念ながらそれは正解とはいえません。いくら収納スペースが大きくてもギュウギュウに押し込んで、奥に何が入っているのか分からなければ、「使いやすい収納」とは呼べないでしょう。また、収納にスペースを割いて、部屋やLDKが狭くなってしまったのでは本末転倒です。収納のコツは、必要な場所に必要なスペースを設けること。たとえば、洗面室で使うタオルは洗面室のリネン庫へ。買い置きの食品はキッチンのパントリーへ。何をどこにしまうか「物の定位置」を決めることから、使いやすい収納を考えていきましょう。

収納リフォームの情報・トピックス

収納リフォームの価格傾向

主な価格帯:10万円~100万円

収納リフォームは単体で施工するケースは少なく、キッチンやトイレ、間取りを変更といったリフォームと同時に施工するケースが多く単体での価格は算出しづらくなりますが、価格の目安としては、ちょっとした収納の設置や造作であれば20万円以下で可能です。しかし、素材にこだわったり大掛かりな壁面収納や凝った収納になれば100万円を超えてきます。

収納リフォームの価格と費用を見る

収納リフォームの事例集

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事