トイレのリフォームの基礎知識

/ 193Views

 

トイレリフォーム成功のために抑えておきたい便器のタイプや内装のアイデア、
一戸建てとマンションの違いなど、基本的な情報やノウハウ、などについてまとめました。
トイレリフォームの価格と費用についても学べます。

トイレリフォームとは

和式便器から洋式便器へのリフォームは広く行われており、洗浄機能付きも一般的になりつつあるトイレ。リフォームにあたって重視したいのは、衛生を保つための工夫やスペースに応じた便器選びなど。

ここでは便器の種類や床・壁の素材選びなど、具体的なポイントを紹介していきましょう。

便器のタイプを知ろう

タンクレス便器 その名のとおりタンクがなく、水圧で流すタイプ。コンパクトなため、限られたスペースでも設置できます。タンクとの継ぎ目がない分すっきりしたデザインが多く、掃除のしやすさもポイントです。
タンク付き便器 便器とタンクが別々になったトイレ。手洗い付きと無しのタイプがあります。手洗い付きタイプは、手洗いカウンターを別途設置する必要がないため、コストを抑えたい方にオススメです。
収納一体型便器 トイレットペーパーや洗剤類など、意外とモノにあふれているトイレ。その悩みを解決してくれるのが、収納一体型便器です。上部が手洗いカウンターになっているタイプも販売されています。

内装のアイデア

手洗い付き

トイレ内に手洗いカウンターを設け、壁に鏡をつければちょっとしたパウダースペースに。壁材などとコーディネートすれぱ、ぐっとおしゃれな空間に生まれ変わります。女性の来客時などは、化粧直しもできて喜ばれそう。

収納スペース付き

トイレットペーパーや洗剤などのパッケージが見えてしまうと、デザインにこだわった空間も一気にトーンダウン。扉付きの収納スペースを活用すれば、買い置きの日用品などもスマートにしまっておけます。

消臭・調湿

トイレで気になるのが、使用後の「ニオイ」。手間をかけずに問題を解決するなら、消臭・調湿機能がある壁材に注目を。また、小さなお子さまがいるご家庭は、飛び散りなどに備えて水拭きてきる素材がオススメです。

アクセントクロス

「この壁クロス、気に入っているんだけど、部屋に使うには派手かな」。そんな時はアクセントクロスとしてトイレに使ってみませんか。トイレなら、多少派手な柄で遊び心を。自分らしい個性あふれる空間に仕上がります。

一戸建てとマンションの違い

一戸建ての場合

一日に何度も使うトイレ。もし、リビングのある階と寝室のある階が異なるのなら、それぞれの階にトイレを設けたほうがよいでしょう。

リビングからトイレが遠いと不便ですし、寝室から遠いと「トイレに行ったら目が覚めて眠れなくなってしまった」ということになりかねません。特に高齢者の寝室からは近い位置に設置するのがベターです。

マンションの場合

「単なる便器の交換」と思われがちですが、工事の内容によっては時間がかかることも。工事日数はあらかじめ確認しておきましょう。

また、スペースに応じた便器・手洗いカウンターが各社から発売されていますので、我が家に応じたタイプを選びましょう。最近では、タンク付き便器でも、従来より奥行きが浅いコンパクトなタイプも出ています。

選ぶときのポイント

最近のトイレは多機能になり、節水機能・脱臭機能は珍しくありません。なかでも注目は、流すたび便器内やノズルを洗浄してくれる「自動洗浄機能付き」。お掃除機能がついている分、お値段は少し高めですが、「共働きで毎日トイレ掃除をするのが大変」というような場合は取り入れてみてはいかがでしょうか。

また、「トイレはくつろぎの場」という方に、ぜひこだわっていただきたいのが照明。間接照明など落ち着いた明かりにするとリラックスできます。ただし取り入れる際は、「きちんと健康チェックができる」明るさを基準にしましょう。

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事