和式トイレを洋式トイレにリフォーム

/ 144Views

ひざが痛くてしゃがむのがつらい・・・
タイル張りの床に染み付いた臭いが気になる・・・
毎日使う場所だからこそラクに快適さを保ちたいのがトイレです。
和式トイレを洋式トイレに変えることで日頃の悩みも解消されることでしょう。

しかし実際どのくらい費用が掛かるのか、どこまでやるべきか、信頼できる業者はどのように選べば良いか、など様々な不安があります。

和式トイレを洋式トイレにリフォームする費用・相場

まず一般的な費用の相場は50万円程度と考えておくと良いでしょう。
和式トイレの多くは段差があるため、段差を無くすための作業が発生します。くみ取り式のトイレだった場合、水洗式に変更しなければならないため、基礎工事費で20万円程度がかかってきます。

加えて和式トイレにはコンセントがないケースが多いため、暖房温水便座にしたい場合はさらにプラスして10万円程度が加算されます。
こちらに便器本体をプラスしたものが費用の総額となります。
便器本体についても、様々な種類があるため、それぞれの特徴やメリット・デメリットをみていきましょう。

組み合わせ便器
便座部分と便器部分を組み合わせたものです。
洋式便器の種類の中でも最もリーズナブルな価格で、便座部分は暖房温水洗浄など好みの機能がついたものが選べることがメリットです。
ただし凹凸や継ぎ目に汚れがたまりやすく、掃除のしやすさでは他の種類のものより劣ります。

一体型トイレ
その名の通り便器と便座が一体型になっているトイレです。
費用は組み合わせ便器よりも高く、凹凸や継ぎ目がないものが多いため、掃除がしやすく、デザインも一体感があり美しさを保てるのがメリットです。
組み合わせ便器と違い、便座と便器のいずれかが故障した場合でも全て交換しなければならないのがデメリットです。

タンクレストイレ
最も費用が高いものが、タンクレストイレです。
タンクが存在しないため、トイレの空間が広く使えることが最大の魅力です。
掃除もしやすく、デザイン性も高いため、その分費用が比較的高いものが多く、手洗い場も別途トイレ内に設置ケースが多いです。
タンクレストイレについて

リフォーム工期

リフォームにかかる日数ですが、通常トイレの便器交換は1日ですむことが多いですが、段差の解消や床の張替え、コンセント設置の電気工事などを想定した場合、3〜5日ほどを想定しておくと良いでしょう。
工事中はトイレが使えなくなるため、事前にどうするかは決めておきましょう。

洋式トイレに変えることのメリット

和式トイレから洋式トイレに変えることで、得られるメリットは様々。ご自身のライフスタイルに照らし合わせてリフォームを検討しましょう。

妊娠中の女性や高齢者にも安全・安心

膝が痛くなった高齢者や妊婦のかたも安心して負担を掛けずに座ることができます。
上半身を支えるために手すりをつけるとさらに安全度が増します。

臭いがこもらない

蓋の開閉や水はねもないため、和式トイレのように臭いがこもりにくいです。
センサーで蓋の開閉を行うものも腰への負担を減らせるためおすすめです。

機能性が高く便利

ウォシュレットや暖房など快適な空間にするための機能が多彩です。
自動洗浄機能など掃除のしやすさにも工夫が。

節水効果が高い

和式トイレに比べ洗浄時に使う水の量は大幅に少なく、 特に新たしいものほど節水効果が高いため長い目で見ると経済的です。

業者・メーカー選びのポイント

和式トイレを洋式トイレに変えることは、大規模な工事が発生するため、それなりの費用と期間がかかります。リフォーム依頼前や工事中、工事後にトラブルが起こらないように、しっかり情報収集を行いリフォームの流れを押さえておきましょう。

  1. リフォームしたい箇所を整理
    リフォームしたい場所や予算を決めておきます。
  2. 情報収集
    リフォーム事例や人気商品。口コミなどリフォームに関する基礎知識を身につけておきます。
  3. リフォーム会社探し
    地域や事例から評判の良い会社をピックアップし、数社に問合せを行います。
  4. 現地調査・プランを依頼
    問合せをした会社に希望の条件を相談します。現地調査にきてもらい、スケジュール、予算などを伝えてプランを提案してもらいます。
  5. 比較・検討
    再度リフォーム会社との相談を重ねながら、数社のプランを比較検討します。
  6. リフォーム会社決定・契約
    最も条件に合ったプランの内容をしっかり確認し、リフォーム会社と工事請負契約を結びます。
  7. 工事スタート
    工事前には、マンション管理組合への報告や近隣住民へのあいさつ回り、ゴミ処分方法の確認などを行います。
    工事中はこまめに状況を確認しながら、近隣からクレームが入った場合などは迅速な対応をしましょう。
  8. 完成
    プランに対して抜け漏れがないか、また傷がないか、など細かな最終確認を行います。不具合が生じた場合は、改修工事を再度相談します。
    すべて終了したら保証書などの書類は忘れずに受け取りましょう。

費用をかけたくない場合はスワレットという選択肢も

なるべく費用を掛けずに洋式トイレにしたい、といった場合は、TOTO社のスワレットやLIXIL(INAX)社の和風アタッチメントといった商品の選択肢もあります。

和式便器のうえに洋式便器風のアタッチメントを設置し、大規模な工事を必要とせずに簡易に半日ほどで洋式風の腰掛けトイレを実現できます。
本体の費用についても5万円程度で購入が可能です。

暖房やウォシュレットなどに対応しているものもあるため、ニーズに合ったものを選ぶことも可能です。
ただし、和式部分+洋式部分といった掃除の手間が発生することがデメリットです。

設置対応していない和式便器もありますので、ご検討されているかたは事前に調べておきましょう。

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事