戸建てのトイレリフォームの費用・相場

/ 580Views

トイレのリフォームは、位置の移動をおこなわなければ、価格が大きく動くことはありません。ただし、例えば2階にトイレを増設する場合、増設を希望する場所の近くに給排水管がなければ、配管の設備工事が必要になります。この場合、給排水管を取り替えたり動かしたりする必要が出てくるので、工事費用が上がる傾向があります。

戸建てのトイレリフォーム事例

タンクレストイレに交換

参考価格:50万円程度

タンクレストイレを設置する場合、タンクについた手洗い設備がないので、手洗いカウンターを別途設置する必要があります。その費用が、通常のタンク付きトイレに追加でかかってくることになります。トイレ本体と手洗いカウンターは30万円程度、取り付けや内装などの工事に20万円程度がかかると想定しておくとよいでしょう。

2階にトイレを増設

参考価格:約50万円程度

1階と同じ位置の2階に、洋式のトイレを増設した場合、50万円程度が目安です。この場合、1階のトイレと同じ位置に増設することがポイントです。同じ位置であれば、1階からの給排水管を活かすことができるので工事がおこないやすく、費用も抑えることができます。ただし、建物の構造によって状況が変わってくるので、事前に見積もりを取って詳細内容を確認することが大切です。

戸建てのトイレリフォームで出来ること・出来ないこと

戸建てのトイレリフォームは、マンションのトイレリフォームと比べて制約が少なく、給排水管の移動も比較的自由におこなえます。トイレの間取り変更も自由に実施することができます。2階にトイレを増設する場合も、既存の給排水管の位置を活かしておこなうことができたら、費用面でも抑えてリフォームすることができます。

戸建てのトイレリフォームをする際に注意すべきなのは、「汲み取り式のトイレ」から「水洗トイレ」へ変更するリフォームの場合です。最近は、下水道の整備がされ、汲み取り式のトイレは少なくなっていました。だからこそ、まだ汲み取り式を使っている場合は、衛生面でのお手入れが楽な水洗トイレにリフォームしたいですよね。この場合、トイレ本体だけなく、給排水管周りの改修工事が必要になってくるため、費用は高額になります。場合によっては、使用していた便槽などの処分費用がかかるため、100万円以上かかってしまうこともあります。

汲み取り式からのリフォームを検討している方は、早めに複数社から見積もりを取得して、どのくらいの費用がかかるか確認し、検討を進めましょう。地域によっては、下水がまだ整備されていなかったり、下水までの距離が遠かったりする等、水洗トイレを設置できない場合もあるので注意が必要です。

戸建てのトイレリフォームをする際の注意点

戸建ては、比較的リフォームをおこないやすいという利点がありますが、注意すべき点もあるので、事前に確認しておきましょう。注意点をまとめると、次の通りです。

・汲み取り式のトイレから、水洗式のトイレにリフォームする場合は、自宅の下水状況を確認しましょう。マンションの場合のトイレリフォームは、マンション建物の給排水管に影響されますが、戸建てトイレのリフォームの場合は、既存で使用している下水の構造によって影響が出る場合があります。

・2階などにトイレを新たに増設したい場合は、既存のトイレで使用している給排水管の位置を確認しましょう。既存の給排水管位置と近い場所にトイレの設置をすることができれば、費用は安く抑えることができます。既存の給排水管の位置と異なる場所に設置したい場合は、配管を伸ばしたり、配管を新設したりする必要が自ずと出てくるので価格は高くなってきます。見積もりを依頼する際は、既存の給排水管を活かす場合と、設置位置を優先して配管を新設する場合の2パターンを取得して、比較検討するとよさそうです。

・戸建てのトイレリフォームは、基本的に間取り変更が自由にできる場合がほとんどです。位置変更する際は、使い勝手の良さをしっかり踏まえた設計プランを検討しましょう。例えば、新しく移動させたトイレの広さに希望する設備が十分に収まるか、ドアの取り付けは右開き・左開きのどちらが使いやすいのか、細かい点をしっかりチェックし、プランを決定しましょう。

見積もりポイント

見積もりは、複数の業者から取得するのがおすすめです。費用の差を確認するだけでなく、業者によって提案プラン内容が変わってくるので、どのプランが自分たちにとってベストか検討しましょう。また、建物の状況やプラン希望の伝え漏れがあると、工事が始まってから追加費用を請求され、思わぬ出費やトラブルになることがあるので注意が必要です。
トイレリフォームにおける費用は、大きく分けて【トイレ本体や部材費】+【作業単価×職人の人数×日数(=工事費用)】で算出されます。業者ごとに見積もりが上がってきた際は、項目ごとに見比べてみた上で、心配な場合は、なぜその価格なのかを確認するといいでしょう。注意すべき点は、工事費が極端に安い場合、いきなり飛びつかず一呼吸おいてチェックしましょう。極端に安価な場合、職人の技術力が極端に低く未熟な可能性があります。
また、リフォーム瑕疵保険に入っている業者であるかどうかも確認しておくと安心です。

 

・既存のトイレを取り替えるリフォームをおこなうのか、間取りも変更するプランでリフォームをおこなうのか伝えましょう。2階などにトイレを増設する場合は、配管まわりの工事も必要になるので、その点も見積もり依頼時に伝えておきましょう。

・具体的なリフォーム内容を決めます。範囲によって価格が異なるため、範囲別で複数パターン取得することをおすすめします。壁紙や床の変更であれば、トイレ本体の取り換えとあわせて工事すると安価にできます。トイレ本体のみの取り換え希望であっても、もし金額が合うようであれば、壁紙などの変更もおこなって雰囲気も刷新できるといいですよね。

・【パターン1】トイレ本体のみ取り換える
・【パターン2】トイレ本体に加えて、室内の壁紙や床も刷新する
・【パターン3】トイレ室内に手洗い場を設置する
・【パターン4】トイレ室内に、手すりなどを取り付ける 等

・取り換えたいトイレ本体のタイプを決めましょう。
タンクレストイレを希望するか、タンク付きトイレを希望するか、決めておきましょう。メーカーごとに、ショールームで実物を見て体験することができるので、時間があればぜひ訪れて、どのタイプがよさそうか検討しておくとよいでしょう。

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事