二世帯住宅リフォーム成功の方法

/ 208Views

二世帯住宅リフォームでは、親世帯と子世帯が一緒に暮らすあんしん感がポイント!成功リフォームのために基本的な情報やノウハウ、ポイントについてまとめました。二世帯住宅リフォームの価格と費用についても学べます。

二世帯住宅リフォームとは

二世帯住宅リフォームでは、親世帯と子世帯が一緒に暮らすあんしん感がポイント!お互いに心地よい距離感を保ちつつ、お互いに暮らしをサポートできるようなライフスタイルを目指すことが成功リフォームのポイントとなります。

また、設備や居室を共有とすることでコストを抑えることができたり、贈与税の緩和など税制面でも優遇を受けられるのも魅力となります。

二世帯住宅リフォームでは、2つの世帯が1つの住宅に生活するため他のリフォームとは違い特有の難しさがあります。ここでは、親と子の二世帯が、心地の良く連携して暮らせるリフォームのポイントをご紹介します。

二世帯住宅リフォームが増えてきている?

近年、二世帯住宅リフォームを検討されている方が増えてきています。これは子世帯からみた場合は、共働きなどで時間が取れない中、家事や育児の手助けをしてくれる親はとても助かる存在。親世帯からみた場合は、子世帯との同居により万が一の場合に備えたり孫にすぐ会える安心感があります。

二世帯住宅リフォームを検討されるユーザーの声を分析しますと、以下のような理由から検討される方が多いようです。二世帯住宅リフォームは、お互いの世帯が安心して過ごしやすい暮らし方といえるでしょう。

二世帯住宅リフォームの多いきっかけ

・共同生活となるため水道光熱費などがトータルで抑えられるため経済的。
・親が高齢となり、介護が必要となってきたため。
・子どもに対して親にサポートや世話をしてもらえる、親も孫に頻繁に会える。
・土地や資金がお互いで支え合える、税制の優遇もポイント。

二世帯住宅リフォームのスタイルは3つ

二世帯住宅では、プライバシーの保護やライフスタイルの違いから生活スタイルは大きく3つに分けられます。リフォームする際には家族と話し合ってどのスタイルが最適化を検討することが求められます。

▼完全分離タイプ

完全分離タイプと呼ばれる生活スタイルでは、敷地内の塀・フェンスやアプローチ、庭などのみを共有部分とし、住居するエリアはそれぞれ玄関や郵便受けも含めて独立します。

分割の仕方も、隣り合うように左右に分割する「左右分離型」、1階に親世帯が2階に子世帯で上下に分割する「上下分離型」、同じ敷地内で別々に住居を建ててしまう「完全分離2棟型」があります。

完全分離タイプのメリットは、プライバシーやライフスタイルの維持をしやすいことが一番です。必要なときにだけ接すればよいので程よい距離感を保つことができます。感覚としてはお隣同士の生活が近いでしょう。また、二世帯を解消したい場合でも片方を賃貸などに出すことも検討できます。

デメリットとしては、玄関から水まわりまですべてを2つ用意する必要があるため費用がかかる点にあります。また、水道光熱費も別々とする場合が多いようです。

▼部分同居タイプ

部分同居タイプでは、玄関、浴室、リビングなど居室の一部を二世帯感で共有するスタイルとなります。キッチンなどは食事メニューや食事時間帯が異なるため、別々とすることも多いようです。

▼完全同居タイプ

完全同居タイプでは、従来の親と同居してきたスタイルのように、寝室などの一部のプライベートルームを除いて、リビング、ダイニング、キッチン、浴室など住まいの主要な部分を二世帯で共有しひとつの家族となって暮らす方法です。

このスタイルは、もともと人づきあいが得意で、変化にも柔軟に対応できる家族に向いています。ほとんどが共有部分となるため設備も1つで十分なため、リフォームの費用を抑えることができるのが最大のメリットです。

ただし親子間で生活スタイルの違いや価値観の違いが大きい場合は、お互いの生活音などが気になりストレスや、トラブルになることもあります。子世帯用にミニキッチンやシャワーなどを設置してプライベートを確保する方法もあります。

二世帯が快適に暮らすポイントとは?

世帯ごとのプライベート確保

家族の同居目的によって理想の間取りは異なりますが、生活スタイルの異なる世帯が同居するため、それぞれプライベートを確保できる空間を設けておくと安心です。

二世帯住宅のメリットは、必要に合わせてお互いに歩み寄り、助けあいながら暮らせるところなので、親世帯、子世帯ともに無理のないプランを考えることが大切です。

家族の交流できる空間を

二世帯が同時に暮らすため、特に独立性の高いプランを検討しているときには交流できるような空間を検討してみましょう。

例えばゆったりとしたリビングで週末やイベントの度に顔を合わせて食卓を囲むなどはいかがでしょう?共に過ごす時間を持つことで二世帯間の距離が縮まります。

暮らしに合わせた動線を

家庭内における人の動線を検討することは大切なこととなります。料理や洗濯など家事をする人が複数人いる場合は、使用ルールなどについて話しあっておきましょう。キッチンなどが1つしかない場合は、ミニキッチンを設けるなど生活スタイルに合わせて検討してもよいでしょう。

収納は世帯別に準備

家族の人数が多ければ、収納スペースも十分な量を確保する必要があります。リフォームでは階段下や小屋裏(屋根裏)、床下など上手に活用することで収納スペースを確保することもできます。

バリアフリーを検討

二世帯住宅リフォームのと同時に、手すりの設置や段差の解消などバリアフリーリフォームを検討していみましょう。親世帯が長く独立して生活出来ていれば、お互いに負担が減るためストレスの少ない生活を送ることができます。

マンションの二世帯住宅リフォーム

マンションでも二世帯住宅リフォームは可能となります。マンションの構造にもよりますが、スケルトン状態に一度解体してから二世帯での暮らしに合わせた間取りなどにリフォームします。

マンションリフォームで気を付ける必要があるのは、リフォームできる範囲がマンション管理規約で定められており自由には出来ない点があります。どこまで実現が可能かは施工会社の担当者や建築士などと相談のうえ検討しましょう。

二世帯住宅リフォームの情報・トピックス

二世帯住宅リフォームの価格傾向

主な価格帯:1000万円~3000万円

二世帯住宅では、親と子の異なる世帯が一緒に生活します。二世帯の生活スタイルは「完全分離」「部分同居」「完全同居」の3つに分けられそれぞれリフォームで求められる内容が異なるため価格に差がでてきます。

二世帯住宅リフォームの価格と費用を見る

二世帯住宅リフォームの事例集

LIFULL HOME’Sで公開されている電話で相談(無料)二世帯住宅リフォームの事例をご紹介。実際の施工価格も公開されていますので参考にしてください。気になる事例があれば、積極的に問い合せてみましょう。成功リフォームの第一歩は、有益な情報を集めることからとなります。

二世帯住宅リフォーム事例集を見る

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事