洗面所・洗面台リフォーム基礎知識

/ 180Views

洗面所・洗面台リフォームとは

「洗面所」とひとくちに言っても、実際は「歯を磨いたり、顔を洗ったりする」、「入浴時に衣服を脱ぎ着する」、「洗濯機を回す」、「化粧など身だしなみを整える」など、その役割は実に多岐に及びます。一般的に洗面所は1坪程度か、それよりも狭いことがほとんど。その限られたスペースをフルに活用するリフォーム術を、このページでは考えていきましょう。

洗面のスタイルを知ろう

専用タイプ

一つの空間を洗面台と収納のみで使用するタイプ。広々と贅沢な空間といえるでしょう。

兼用タイプ

脱衣室や洗濯機置き場を兼ねて置くタイプ。一度にいろいろな家事ができて効率的であることがメリットです。用途に応じた収納スペースも考慮しておきたいところです。

兼用タイプのいろいろ

+脱衣所

浴室の横に位置する場合に多いタイプ。暖房器具などを設置すると快適です。ベンチを置けば、湯上がりにゆっくりと休憩できます。

+ユーティリティ

洗濯機を置くのなら、洗濯物を干せるランドリースペースをとるのも手。カウンターを作れば、アイロンがけなどができる家事スペースになります。

+パウダールーム

洗面台でメイクする女性は多いもの。化粧品をしまう収納コーナーを設けたり、三面鏡を取り付けたりすれば、いっそう使いやすくなるでしょう。

洗面台の種類

ユニットタイプ

一般的な据え置きタイプの洗面化粧台。あらかじめ工場で設備や配管を組み込んだユニットを作り、現場で組み立てるため、工期を短縮できます。

システムタイプ

決められたラインナップの中から、希望に応じてパーツを組み合わせられる洗面化粧台。キャビネットのデザインや鏡の形状など、細かく指定できます。

オリジナルを造作

車いすで使いたい、オシャレなカウンター式にしたいなど、細かな要望がある場合は、オリジナルデザインで造作してもらうのもよいでしょう。

一戸建てとマンションの違い

一戸建ての場合

洗面所をリフォームする機会に、水まわりを中心とした家事動線を見直してみてはいかがでしょうか。洗面所とキッチンが近いと、料理をしながら洗濯がしやすいのが◎。特に子どもが小さい場合などは、お風呂に入っている様子に気を配ることもでき、安心感が増します。水まわり集中設計は、最近の「ママ目線リフォーム」で人気です。また、土台回りのチェックも水まわりリフォームではマスト。土台が腐っていないか確認しておきましょう。

マンションの場合

マンションの場合、やはり大きな問題となるのが配管。配管が床下のコンクリートスラブの上を通っているか、中に埋め込まれているか、などによって移動できる範囲が大きく変わってきます。事前にリフォーム会社に相談して、配管の状況をチェックする必要があります。移動は行わずに洗面台の交換のみなら、特に問題はないでしょう。

選ぶときのポイント

毎日使う洗面所。最近はデザインにこだわった洗面ボウルや水洗金具などを取り入れ、洗面所を「一つの部屋」としてとらえるのがトレンドです。パウダールームを兼ねる場合は、顔に影ができないよう左右からLED照明で照らしたり、化粧水など高さのあるアイテムを収納しやすいキャビネットを付けたりと、女性にうれしい工夫がいっぱい。キャビネットに収納できるスツールもあり、ドレッサーとして使用することができます。もちろん、掃除のしやすさも飛躍的にアップ。洗面ボウルとカウンターに継ぎ目がない一体型など、お手入れしやすいタイプが登場しています。

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事