マンションの洗面台・洗面所リフォームの費用・相場

/ 154Views

洗面所のリフォームは、範囲が狭いので比較的安価におこなうことができます。また、システム洗面台だけでなく、オリジナルで造作した洗面台も高額にならずリフォームすることができます。選ぶ材料やデザインによっては、システム洗面台より安くなるケースも。リフォームの中で、一番取り掛かりやすいスペースといえるかもしれません。洗面所は来客も使うので、デザイン性に凝ったカフェのような洗面所にリフォームする人も増えています。

マンションの洗面台・洗面所リフォーム事例

造作の洗面台に交換する

参考価格:15万円程度
造作の洗面台は、洗面ボウルと設置する台、蛇口、鏡、棚で基本的に構成されています。棚をつけなかったり、鏡を一面鏡のシンプルなものにしたり、機能を最低限にすると3万円程度~。取り換え工事のみの費用は5万円程度。既存の洗面所の廃棄が必要になると、その処分料がかかってきます。

システム洗面台に交換する

参考価格:約15万円~40万円程度
各メーカーが出しているシステム洗面台は、グレードによって価格もスタイルもさまざまです。収納付きの三面鏡を選んだり、鏡の背面に間接照明がついているものを選んだり、選ぶ機能によってさまざま。ドレッサースペースをつくることもできます。システム洗面台は7万円台~。工事費用は、3万円~15万円程度で、選ぶサイズや機能の数によって工期が異なるため、工事費用も幅広くなります。

マンションの洗面台・洗面所リフォームで出来ること・出来ないこと

既存の洗面台の取り換えにおいて出来ないことは基本的にありません。しかし、水回りの間取りを移動したいとなると話は別です。マンションにおいて、水回りの移動は、建物の構造と排水管が設置されているパイプスペースの位置によって制限され、出来る場合と出来ない場合が起こります。

洗面所からパイプスペース(PS)に水を流すための勾配が必要になり、リフォームで洗面所の位置をパイプスペースから離れたところへ移動させる場合、勾配をつけるため床を底上げしなければならない場合があります。その際、床が上がることで天井高が低くなり、空間が狭くなるので注意が必要です。パイプスペースがある場所から遠く離れるほど床は上がり、天井高は低くなります。間取り変更も検討している人は、図面でパイプスペースの位置を確認しておきましょう。PSを書かれてあるところがパイプスペースです。

間取り変更では、事前の専門知識が必要になるので、見積もり取得時にプロの業者に相談しておくことをおすすめします。
位置の変更はおこなわず、洗面台の取り換えであれば心配は不要です。希望のデザインや機能の検討を進めて、複数社での見積もり取得をおこないましょう。業者によって提案するデザインは異なるので、特にデザイン性を求める場合は、複数の業者のホームページを見て事例をチェックしておくことをおすすめします。

マンションの洗面台・洗面所リフォームをする際の注意点

洗面台にはさまざまなスタイルのものがあります。例えば、洗面ボウルは、形状には置き型、埋め込み型、半埋め込み型、壁付け型があり、材質も陶器・ホウロウ・樹脂製・ステンレス製などがあり、選び方で洗面所の雰囲気はがらりと変わってきます。その際、注意しておきたいのが、お手入れについてです。デザイン性を重視しすぎると、水垢がたまって掃除がしにくかったり、幼い子供がいる家庭で陶器などを使用すると誤って割ってしまうことがあったり。家族の年齢や、自分たちの暮し方にあわせたセレクトが必要です。

洗面台で意外と失敗しやすいのが、洗面台の高さです。高さが低すぎたため、かがんで顔を洗ったり口をすすいだりしないといけなくなり、腰に負担がかかって、日々の身支度が憂鬱になることも。キッチンを選ぶときは高さを気にする人は多いと思いますが、洗面台を選ぶときも同じように高さもしっかりチェックしましょう。

また、マンションの場合、洗面台を思い切って、廊下などに設置し、空間を有効利用するひとが増えてきています。一般的にはバスルームとランドリーと一体型にしている場合が多いですが、廊下に設置することで、カフェ風のおしゃれな洗面所をインテリアとして見せています。小さい子供がいる家庭などでは、すぐ手を洗える場所があると重宝するようです。

見積もりポイント

見積もりは、複数の業者から取得をするのがおすすめです。費用の差を確認するだけでなく、業者によって提案プラン内容が変わってくるので、どのプランが自分たちにとってベストか検討しましょう。特に、洗面所を造作でつくってみたいと考えている人は、提案されるデザイン内容での比較検討も重要です。

洗面所のリフォームにおける費用は、大きく分けて【洗面台の部材費諸々】×【作業単価×職人の人数×日数(=工事費用)】で算出されます。単純なつくりの洗面所は、造作洗面台でもシステム洗面台でも作業内容に大幅な違いはないため、価格差はあまりありません。ただし、広範囲にタイルをあしらったり、デザイン性の高い特殊な洗面台パーツや照明などを選んだりすると、価格は自ずと上がります。装飾や機能の数によって価格は変動すると考えてください。

また、マンションの場合は、見積もりを依頼した業者がリフォーム瑕疵保険に入っているかどうかも確認しておきましょう。水回り工事は、工事中に漏水が起きるなどトラブルが発生した場合、階下や隣の住民に迷惑をかける恐れがあります。そんな万が一のトラブルが発生した際、損害を与えた相手に補てんや保証を行う際に保険が役立ちます。

無料 商品+工事+保証を含めた諸経費コミコミのリフォームシミュレーションはこちら 2分でかんたん!専門知識不要!

関連記事